2009年08月09日

回復のための自助努力は当然です

みなさん、こんばんは。

今日は深夜から本格的な雨が降り続いていました。
昨日とは打って変わった天気でした。

土砂降りの中を通って来られた不調者さんに笑顔で来てよかったと思ってもらえるように顔晴りました。

今日も素敵な気づきを得ることが出来ました。
ありがとう、感謝します、ツイてます。


シビレの重傷者のHさんは、施術では左腕と右の腰から足のシビレ
が取れるようになりました。


仰向けになったときの体幹のゆがみも少なくなっています。


家に帰ってからの姿勢の影響で、神経痛が強く出たり、足に力が
入りにくかったりすることがあります。それが今一番の問題です。


Hさんは、いつもは教えたストレッチをしてシビレを軽減させていた
のですが、その時のシビレはかなり強かったそうです。  


そんな時に、Hさんは快復枕と一緒に渡したDVDを見て、無理なく
出来るストレッチを流れに沿って一通りしてみたそうです。


そうすると、一時的に強く出た神経痛もおさまったり、身体全体が
軽く動かしやすくなったそうです。


すごいです!! よかったですね!!


やはり長年の症状が回復していくためには、不調者さん自身が自分
でよくなるために前向きに努力する姿勢が必要ですね。


当たり前のことがすごく大切なことに改めて気づかせてもらいました!!


これまで施術させていただいた不調者さんの中には、姿勢の改善や
ストレッチを面倒くさがったり、嫌がる方がいらっしゃいましたが、残念ながら、私の力が及ばずに、必ず回復する前に途中で辞めています。


そんな方には、
  「仰向けに寝たい」
  「シピレに悩まされない時間を少しでも続けたい」
  「杖なしで歩きたい」
  「もう一度旅行に行きたい」
というHさんの本気でよくなりたいという前向きな姿勢を見てほしいと痛切に思いました。
 
私も、せっかく出会えた不調者には、Hさんのようにやる気を出して回復に向けて努力してもらえるように、指導力を磨きます!!


明日も1人でも多くの不調者さんに
笑顔で光って輝いてもらうために
一生懸命に顔晴ります!!
posted by ゆ〜さん at 23:41| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする