2009年08月20日

腰痛(仙腸関節)

みなさん、こんばんは。

整体の仕事は、毎日が不調者さんとの出会いと別れの連続ですね。
毎日を気持ちも新たに、笑顔で迎えて笑顔で送れるように精進します。

今日も不調者さんとの出会いを通してたくさんの気づきをいただきました。
ありがとう、感謝します、ツイてます。

昨日の症例で取り上げたHさんの紹介で来られた72才のMさんは、主訴が腰痛でした。

長年タンス屋さんをしてきたのですが、大腸にポリープが出来て3ケ月入院しました。

入院前からあった腰痛がひどくなり、動き始めや、立ってしばらくすると腰に痛みが出ます。

腰痛の原因として、年齢から来る老化、入院による筋肉の退化、長年の仕事からくる身体のゆがみ、などが考えられたので、症状の変化にはしばらく回数がかかるかもしれないことを伝えました。

おとといの初回は、全体のゆがみを整えましたが、残った痛みのほうが気に
なっていました。右の起立筋周辺と仙腸関節を気にしていました。

昨日は、昼過ぎても、寝込まなくて過ごせたそうです。よかったよかった!!

今日の二回目では、起立筋の痛みは薄らいでいたので、仙腸関節に焦点を当てて腰背部の施術を行いました。
 
全体のゆがみがかなり整い、本人も身体のゆがみと症状の変化を実感してもらえました。
 
最後に座ってもらうと、右の仙腸関節を気にしてトントンたたいていたので、それを注意してやめてもらってから、骨盤を固定して一緒に立ってもらいました。

一回目は痛みが残っていましたが、2回目3回目は痛みもなくなり、Mさんは自分で痛みもなく立てるようになりました!!

Mさんは「ここ(仙腸関節)から腰全体に痛みが広がる」と言っていたので、痛みが取れてかなりご機嫌だったようです。

「早く良くなりたい」とのことで、明日の予約を入れて笑顔で帰られました。

素敵な笑顔が見れて安心しました。
 
うれしい、楽しい、幸せでした!!

明日も1人でも多くの不調者さんに
笑顔で光って輝いてもらうために
一生懸命に顔晴ります!!
1、2、3、ダアーッ!!
posted by ゆ〜さん at 22:48| 岡山 ☁| Comment(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする