2009年09月25日

腰痛にストレッチで対応しよう

みなさん、こんばんは。

月日の経つのは本当に早いですね〜!!
もう9月が終わりかけていますよ。

やり残したことが出来るだけないように
最後まで顔晴ります!!

今日も素敵な気づきをたくさんいただきました。
ありがとう、感謝します、ツイてます!!


80才代のHさんは、昨日は墓参りと買い物に出かけてかなり無理をしたようです。

今日は、昨日から腰が重だるかった、と訴えていました。

私がHさんに、昨日ストレッチをしたかどうか聞いたら、朝1回したと答えました。

Hさんは買い物から帰ってから、「腰がだるい、だるい」と言っているだけだったそうです。
 
私は、Hさんがまだうまく自分の症状と対応できていなかったことを聞いてショックでしたが、それは出来るだけ表情に出さないようにして、 

「忘れずに自分でストレッチが出てきたことはよかったですね。
 でも、朝一回だけでは少なかったよね。
 もっとしたほうがよかったんだよ。」

と伝えました。

素直なHさんは、私の話を聞いて納得してくれました。

よかったです!!

私は、一通りストレッチを教えて、ある程度出来るようになったので、その後はHさんが腰の調子に合わせて自分でうまく対応するように伝えていました。

もっと具体的な説明のほうがよかったようです。

1つのストレッチでも、その姿勢、仕方、時間、回数、注意事項など伝えることは結構あります。

教えたストレッチを毎回確認しながら新たに教えていくことも必要です。

不調者さんの症状の状態、性格、家庭環境などを踏まえて指導することの大切さを再確認しました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!

でも、今日の話でよかったことは、Hさんが歩いている時に足裏の指先のシビレはほとんど感じなかったということです。
 
少しずつですが、シビレが改善していることをお互いに確認しました。

本当によかったですね!!

何でも気軽に話してもらえるように気軽で前向きな雰囲気を作りながら、キチンと伝えることは伝えて指導していきます。

すべてが不調者さんの回復のためです。

それが私自身のためでもあるのです。


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 22:57| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろんな足のシビレ

みなさん、こんばんは。

今日はとても暑い一日でした。
岡山は30℃を超えて真夏日になりました。

暑さに負けずに来られる不調者さんに負けないように
一生懸命に施術しました。

今日も素敵な気づきをたくさんいただきました。
ありがとう、感謝します、ツイてます!!


現在足裏のシビレで来られている不調者さんが3人います。

1人は病院での原因不明の70才代のFさんです。

彼女は20年間も足首に2kgの重りをつけて上に蹴り上げる運動をしてきて、足はかなり堅くコッています。 
 
両足裏の指の付根から先がシビレています。 

体幹を整えていく中で、大腿部から下を施術しています。

少しずつですが、シビレに変化が出てきていて、足にコリと冷えがあるので、現時点では疲労と血流不足と老化が原因であると診断しています。腰からの神経痛が原因ではないと診断しています。
 
7回目の現在は10→7の状態です。


2人目は80才代のHさんです。
  
彼女は腰と右膝と右の足の指に痛みがありました。
 
右足の人差し指の付根から先に痛みとシビレがあります。
 
1人目の不調者さんと同じような手法を取り入れて施術しています。

人差し指の付根の痛みは現在は消えて軽いシビレが気になっています。

長時間座っていても腰に違和感がないけれど、立った時や、長く立っていると、腰がだるくなります。

腰から下に神経痛の症状は見られないので、現時点では足の指のシビレは疲労と老化が原因であると診断しており、神経痛ではないと診断しています。

8回目の現在は10→5の状態です。


3人目は、脊柱菅狭窄症のIさんです。

かなりの側湾症と猫背があり、膝の痛みや足のシビレがありました。

両足裏の指の付根から先がフラフラしてモチモチした感じがあります。

体幹を整えていくことで、側腕症のゆがみはかなりよくなっています。

背筋を伸ばして姿勢をよくするストレッチが、脊柱菅狭窄症にはいい効果を与えてくれると思っているので、少しずつですが、ストレッチをしてもらっています。

Iさんも姿勢がよくなって動きが早くなってきたことを実感して喜んでくれています。

施術後に鏡で自分の姿勢をチェックする笑顔が満足そうです!!

足裏のシビレについては、上記の手法を適宜取り入れながら、背骨を意識する必要があるので、ゼットを長めにかけたり、膝裏に足首を入れて踵をトントンする手法を取り入れています。

9回目の現在は10→5の状態です。


3人とも同じような箇所にシビレがあります。

劇的な変化はありませんが、少しずつ改善の傾向にあり、施術後には軽減した状態を実感してもらっています。

よかったです!! うれしい、楽しい、幸せです!!

シビレの取れ具合がスローペースなので時々じれったくなることがありますが、
確実に変化が出てきているので、もっともっと喜びを共有したいと思っています。

原因不明のシビレや脊柱管狭窄症のシビレが軽減することはすごいことなので、決して当たり前に思わないように留意して施術していきます。 

 
明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 00:29| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シビレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする