2009年10月01日

膝のつっぱり

みなさん、こんばんは。

今月の後半は自分の目標を強く意識していろいろと工夫して行動しました。

そのおかげてなんとか最低目標に到達することができました。

うれしい、楽しい、幸せです!!

達成目標を常に意識して、先に仕掛けていく姿勢が必要なことを学びました。

高い目標に到達するべく、さらなる飛躍を遂げるためには何が必要なのかを考えて試行錯誤していくことが今後の課題です。

どんどん挑戦する気持ちを忘れずに日々を過ごして行きます。

今月も素敵な気づきをたくさんいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!

膝の痛みが主訴のKさんは、そろそろ卒業間近と思っていたら、今日は膝のつっぱりを訴えました。

最初の問診で私が、
 
「畳の部屋で膝を曲げて座ったり立ったりすることはないですか?」
 
と聞くと、Kさんは、

「うちはフローリングですからそれはありません」

と答えました。

次に私が
 
「いつもよりたくさん歩いたりしませんでしたか?」

と聞くと、Kさんは

「それはありませんよ。」

と答えました。

しかし、しばらくして、

「そういえば、地区の運動会でおばあちゃんといっしょに走りました。」

と答えました。

その答えを聞いて少しホッとした私は

「それが膝周辺の疲労の原因の1つかもしれないね。」

と言いながら施術していきました。

私がKさんの膝上の筋肉がかなり強くコッていること、このコリは短期間のうちに出来たものではないことなどを話しているうちに、Kさんが

「そういえば、思い出しました。
学童保育で子供に勉強を教えたりしている時は正座をしているので、その時に立ったり座ったり、横に足をずらしたりしています。」
 
と答えました。

ようやく、なんとかお互いに膝のつっぱりの原因を探り当てることができました。

正座から立ったり、正座に座ったりすることの繰り返しと、運動による疲労が今回の膝のつっぱりの原因でした。

こうして、お互いに膝のつっばりの原因に納得することが出来ました。

そして、施術後にはKさんに膝が動きやすくなったことを喜んでもらえました。
 
うれしい、楽しい、幸せです!!

不調者さんの身体のゆがみの状態や症状の状態をきちんと伝えることの大切さと、症状の原因を不調者さんと一緒に諦めずに追求することの大切さを再確認しました。

これからもKさんが膝に不安がなく過ごせるように応援していきます!!


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 00:13| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする