2009年10月12日

膝の痛み

みなさん、こんばんは。

今朝はすごくいい天気でしたが、昼からは曇って、かなり肌寒かったです。

施術所の中だけでも温かい雰囲気になるように顔晴って施術しました。

今日も素敵な気づきをたくさんいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


70才代の男性のHさんは、膝痛で来られています。

初回は、膝下を切断して義足をしている左足をかばう右膝に痛みを訴えていました。

かなり激しく動いた影響で、痛みが出たようです。

膝関節のズレが気になったので、その場で階段を昇る時の痛みによく使う手法で痛みが軽減しました。

右の足先がかなり外に開いていたので、つま先を少し内側に向けて歩いてもらうと、痛みが減りました。

体幹を整えた後に、足踏みをしてもらうと、やはり右の足先がかなり外に開いていたので、つま先を少し内側に向けて歩いてもらうと、痛みが減りました。

回復祭りで休業中にFさんにそれを意識して試してもらいました。

今日Fさんが来られれると、「やっぱり膝が痛い!!」と言われました。

「足のつま先を少し内側にして立ったり、歩いたりすると、痛みはどうですか?」

と私が聞くと、

「その時はいいんだよ。でも、やっばり痛い。」

と言われました。
 
そこで私が

「『その時はいい』ということは、最初よりは痛みが軽くなっていることですよね。」

と確認すると、「そうだね」とうなづいて、少し改善していることに気づいていただきました。

Fさんはうつ伏せになれないので、仰向けで出来る範囲で体幹を整えて、膝周辺に施術しました。

筋肉質でふっくらした体型の影響もあってか、右足はかなり筋肉が硬直していました。

足踏みをしてもらうと、まだ少し違和感があったので、ある手法をかけると痛みが取れたのですが、何しろ右足にかなりの負担がかかるので、再び痛みが出やすいのが心配です。

そこで、タオルを使って出来る簡単な自己療法をしてもらいました。

そうすると、立って足踏みをしても痛みがありませんでした。

Fさんに

「あっ、これなら痛くない!!」

と言ってもらえました。

とりあえず、出張研修に行っている間は、Fさんに立ったりする時にそれをしてもらって様子を見ることにしました。

一日も早くFさんの満面の笑顔が見られるように応援します!!


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 03:20| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする