2009年11月08日

2年間の坐骨神経痛

みなさん、こんばんは。

 
夏を思わせるように暖かな日射しの中で、1人1人の不調者さんとの出会いを楽しませていただきました。

今日も素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽症例

今日の新規のMさんは、50才代の女性で、2年間坐骨神経痛で整形外科に通っていました。

シビレが出ているのに、医者からは

「手術をするほどではないよ。一生付き合いなさい。」

と言われて湿布と痛み止めを飲んできました。

しかし、シビレは一向によくならなかったそうです。

その話を聞いて、もし自分がその立場だったら、すごいショックを受けるだろうと思いました。

間違いなく、途方にくれていただろうと思います。

シビレが出たまま、それと一生付き合う・・・・・

それを医者から言われた・・・・・

これからどうしたらいいのか・・・・・

また、もし私が医者の立場で、目の前にシビレで困っている不調者さんに同じことを言わなければならなかったとしたら、すごく嫌だと思いました。

何とかして、シビレを楽にして上げられないか思い、いろんな療法を真剣に考えて勉強すると思いました。

世の中には真剣にいろんな療法を模索しているお医者さんもいらっしゃると思いますが、私が不調者さんから聞いた範囲では、多くの整形外科の先生方は、同じような発言をくり返していることが多いようです。

Mさんは「いったいどうしたらいいのか」とすごく悩んだそうです。

私は、Mさんに手を差し伸べてあげられる立場にあって本当によかったと思いました。

施術は、うつ伏せになれなかったので、体幹のゆがみを整えてから、シビレの取れ具合を確認しました。

施術前にあった左大腿部の裏側のシビレは、施術後にはなくなっていました。

Mさん、よかったですね!! 回復整体は本当にすごいぞ!!

「2年間取れなかったシビレが一回の施術で取れたのですから、よくなる可能性は十分にありますよ!!」と自信を持って伝えることができました。

Mさんは介護の仕事をしているので、身体の疲労と負担が気になるところですが、まずはシビレのない状態を目指してMさんの回復を応援していきます。

本当に困った症状の方に自信を持って手を差し伸べて上げられる回復整体をしていて本当によかったと思いました。

うれしい、楽しい、幸せです!!!

もっと腕とトークを磨いて、アゴだけでなく心臓にも毛を生やして、いろんな症状の方に希望を持っていただけるような整体師になるように顔晴ります。


□今日のよかったこと

・新規のMさんによくなる希望を持っていただけました。それを自信から確信に変えていけるように努力します。

・動きすぎで体調を崩していたFさんに、無理をしすぎないで過ごすことの大切さを納得していただき、症状も改善しました。

・2カ月前から歩きにくくなったTさんに座位で右の肩から指先まで、腰から両足までを新しい手法を使いながら施術できました。

帰りには、両手を持ってもらわないでも、ボトボト歩けるようになっていました!!!

すばらしい手法に出会えたことに本当に感謝します!!!


以上です。


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!
posted by ゆ〜さん at 03:08| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする