2010年07月07日

疲労をためすぎない

みなさん、こんにちは。
回復アーティストの原です。


1日は、80才代の不調者さんが3人来られました。

その不調者のみなさんは、健康への意識が高くて、自分の体調を崩さないように気をつけて生活されています。

私も整体で健康的な生活を応援できているので、とてもうれしいです。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・70才代の女性のMさんは、首、肩、腕、背中の筋肉が硬直していて、首の神経を圧迫しているので、両腕がシビレています。

かなりの重症ですが、どこの病院に行っても「痛み止めとシップで治しましょう」と言われててきたそうです。

Mさんは極端な猫背なのですが、それがすべての症状の根本原因だと考えられます。

そこで、その姿勢をよくするようにストレッチ体操を教えるのですが、なかなか実行していません。

それでも確実に症状はよくなり、1回目で右腕が上まで上がるようになり、今は寝ている時にうずいていた両腕の付け根のうずきが取れました。

そんなにいい状態になっているのに、本人の被害者意識はなかなか取れません。

「昨日や今日は身体にどんないい変化がありましたか?」と私が聞いても、Mさんは「やっぱりまだ痛い」としか答えません。

しかし、私が症状の変化を丁寧に聞くと、次々によくなった変化を話し始めます。

Mさんは、まだ自分では安心していい変化を探せない精神状態のようです。

何しろ悪かった時期が20年以上なのですから、相当な筋金入りです。

でも、そうだからこそ、症状がよくなっていることを素直に喜べるはずだと思います。

Mさん、もう少し時間をかければ、必ず良くなりますよ。

その頃までにマイナス思考をプラス思考に直していきましょうね!!



・30才代の女性のYさんは、両足の長さの違いから両股関節にかなりの硬直が出ています。

歩く際に身体が左右に揺れるので、その疲労が股関節にすぐたまってだるくなり、硬直してきます。

施術をすると、股関節の柔軟性が出て、動きが楽になります。

股関節は、膝曲げ検査では70度くらいまでの可動範囲です。

そのまま膝を外に倒せるのは20度くらいです。

子供の頃からの足の長さの違いが原因なので、靴底の調整などで少しでも股関節周辺の筋肉の負担を軽減していくしかありません。

Yさんの現在の日常生活での対応策としては、

○靴底の調整や歩き方の修正で歩行時の横揺れを出来るだけすくなくすること

○股関節に疲労をためすぎないように早めに座ったりして休めること

○硬直してくる股関節周辺の筋肉をストレッチで早めにやわらげること

などです。

最近はストレッチをすると股関節が軽くて動かしやすくなったり、可動範囲が少しずつ増えてきています。

Yさんはまだ若いので、現時点での対応策に早く慣れていただいて、現状維持の状態から少しでも回復曲線を描ける方向に持っていきましょうと伝えています。

Yさん、出来ることから少しずつ進んでいきましょうね!!


▽今日の学び

今日の学びは「疲労をためすぎない」ことです。

人間が生きて生活しているということは、身体を動かしていることです。

身体を動かすと、筋肉は収縮して働いてくれます。

動けば動くほど、どんどん収縮して硬くなります。

かなり硬くなると、だるさや重さや痛さを感じるようになり、筋肉が硬直しやすくなります。

その硬直がほどけなくなったのがコリです。

当然のことですが、いったん筋肉にコリが出来ると、簡単には柔らかくなりません。

当然ですが、整体で何回かの調整が必要です。

1、2回の調整でなんとかしようとするのが無理なのです。

整体で調整中に仕事や運動などで疲労をためると、ゆるみかけたコリは再び硬直します。

筋肉は柔らかい状態を維持していると、その状態で安定しやすくなります。

「疲労をためすぎない」ようにしていると、身体は自然治癒力が働きやすいので、いい状態で安定してくれます。

その逆に筋肉は硬直した状態を続けていると、すぐに硬直した状態に戻りやすくなります。

現状を維持しようとする性質があるので、やわらかい状態を続けるとその状態が安定しやすくなり、硬直した状態を続けるとその状態が安定しやすくなります。

「疲労をためすぎてしまう」と、自然治癒力が働きにくい硬直した状態になるので、やわらかい状態に戻る元気もなくしてしまいます。

そうすると、筋肉はコリやこわばりがどんどん強くなり、関節は硬くて動かしにくくなり、血行は悪くなります。

まさに疲労のためすぎは、万病の元なのですね!!

疲労をためやすい不調者さんは、「疲労をためすぎない」ようにするためにも、整体を定期的に受けて身体のいい状態を維持するマンスリーメンテナンスをお勧めします!!


以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダアーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 16:02| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北九州での出張研修

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


30日は北九州での出張研修でした。

コミュニケーションでの大切なことを学んだり、いろんな手法の基本を徹底して練習しました。

とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今までよりも自分を成長させていけるチャンスをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 04:09| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンテナンスの必要性

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


29日はメンテナンスの不調者さんが多く来られました。

みなさんの元気な笑顔に出会えて、たくさんの元気をいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・70才代の女性のDさんは、週1でメンテナンスに来られています。

Dさんは両ふくらはぎに違和感がありました。

Dさんは内臓にたくさんの疾患を抱えていて、おなかもかなり出っ張っているのですが、その影響で両足に不調が出やすい状態になっています。

毎回、施術後には「あ〜足が軽くなって気持ちいい〜」と言っていただいています。

よかったですね!!

Dさん、そのいい状態を出来るだけ維持できるように過ごせるといいですね!!



・50才代の女性のYさんは、約1ヵ月でメンテナンスを受けられています。

Yさんはとてもハードな仕事をしていて、なかなか休みも取れにくい状態です。

今日のYさんは両肩と背中が一番気になっていました。

その両肩と背中を重点的に施術しました。

Yさんは施術中に実感した施術効果を

「あ〜だんだん力が抜けていく〜」

「身体がだんだん温かくなってきた〜」

と言葉に出して表現実感してくれるので、とても楽しいです。

施術後に身体の状態を確認していただくと、今度は腰が気になってきました。

引き続いて3日後に施術の予約をいただいて、早めに回復させることになりました。

Yさんは腰にヘルニアの持病を持っています。

この整体に出会う前は、いったん体調を崩すと、1週間は仕事を休んでいたそうです。

約8カ月前にこの整体を受けてからは、体調を崩して仕事を休んだことはないそうです。

Yさんはことあるごとに

「ここに来れば必ず楽になれると思うと、それだけで安心できるんです。」

「前は痛くてしんどくて動けなかったけど、今は教えてもらったストレッチをすると、しんどい時も身体が動けるんです。不思議ですね。」

と言ってくれます。

整体師として、Yさんの人生に輝きを取り戻すお手伝いが出来ていることがとてもうれしいですね。

私のアドバイスをとても素直に守ってくれています。

Yさん、大きく体調を崩さないで過ごせるようになって、本当によかったですね!!



▽今日の学び

今日の学びは「メンテナンス」です。

日々の生活は、仕事や家事や子育てや介護など、身体や心に疲労を蓄積させるものばかりです。

整体で身体のゆがみを整えて、身体のバランスのいい状態を獲得しても、そのまま放置していれば、再び症状が出てくることが多いです。

そこで、せっかく獲得した身体のいい状態を維持するために、定期的に整体をうけることを「メンテナンス」と呼んでいます。

定期健診や車でいう車検のようなものです。

私は、不調者さんの症状の原因が何かを考えて施術していきながら、日々の仕事や家事や身体の姿勢や動かし方に原因がある場合には、必ずメンテナンスをお勧めしています。

そうすることで、力を合わせて獲得した身体のいい状態をキープすることが出来ます。

症状を回復させることが大切であるのと同じように、症状を再発させないように予防することが大切だからです。

メンテナンスの期間は、少しずつ延ばしていきながら、ちょうどいい間隔を探していきます。

現在は1週間に2回、週1回、10日に1回、2週間に1回、3週間に1回、4週間に1回の方がいらっしゃいます。

ただし、現在は2週間に1回から3週間に1回の方が多くて、4週間に1回の方は少ないです。

というのは、4週間に1回の不調者さんは、必ずといっていいほど、硬いコリを作ったり、痛い箇所が出てきていることが多いからです。

それを整えるのに、引き続いて何回かの調整が必要になることが多いので、厳密にはメンテナンスにはなっていなくて、症状を再発しかけている方が多いのです。

私は、症状を再発しかけている身体に接するたびに、とてもかわいそうな気持になります。

そうさせないためにあるのが「メンテナンス」なんですね。

症状が出ないうちに身体の状態を整えることが「メンテナンス」なのです。

それだからこそ、身体の快適な状態での生活が可能なのです!!

慢性的な肩こりや腰痛で悩んでいた日々がウソのように楽に過ごせようになるのですから、「メンテナンス」
をキッチリと生活習慣の中に取り入れると、本当にすごいんですよ。

「かがやき」は、「短期集中の施術」で症状で辛い思いをしている不調者さんの回復を積極的に応援するとともに、「メンテナンス」で体調が良くなった不調者さんの健康的な生活を積極的に応援しています!!


以上です。


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 03:53| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする