2010年07月31日

あせらず、急がず、あきらめず、素直に

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


15日は、腰と右のふくらはぎと両足先の痛みを抱える不調者さんが来られました。

今日も不調者さんとの出会いから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・50才代の女性のSさんは、腰と右のふくらはぎと両足の痛みを抱えていました。

2回目の今日は、前回の施術で腰は楽になっていました。

しかし、右のふくらはぎと両足先は痛みが再発していました。

どうやら、Sさんの生活習慣の中に痛みを出すような姿勢や動きがありそうですね。

そこで仕事の話や家での生活などについて話を聞きました。

Sさんは花を出荷する仕事をしているので、1日立ち仕事をしています。

その仕事をした後は、必ずふくらはぎや足先に痛みがでるようです。

仕事の姿勢などについてアドバイスして、立っていてもできる簡単なストレッチを教えて、家や仕事場でしていただくことになりました。

施術後は痛みも薄らいでいたので、次回はストレッチの体操の効果がどれくらい出ているのかを聞きたいと思います。

Sさん、この調子でいけば、大丈夫ですよ!!

少しずつ生活習慣を今よりは身体にやさしいものに変えていきましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「あせらず、急がず、あきらめず、素直に」行動することです。

整体を受けに来る不調者さんには「一発幻想」とでもいうべきものがあります。

それは1回の整体の施術で長年の痛みやシビレをなくしてほしいという願望です。

たしかに、何人かの人は1回の施術で症状が劇的に変わることがあります。

しかし、それはほんの少数です。

ほとんどの筋肉痛や神経痛は、長年のコリやゆがみがと結びついているので、何回かの調整をして、身体の状態を変えていく必要があります。

とくに回復整体は、身体の負担を出来るだけ少なくして、ゆがみのない新しい身体のバランスを脳に学習させる必要があるので、症状がよくなるまで施術をくり返し受けるのは大前提です。

ですから、電話や問診などで「1回で治して下さい」と言われる不調者さんは、とても残念ですが、整体を受けるのをご遠慮いただいています。

早く回復したいという気持ちはわかりますが、まずは「あわてず、急がず」ということですね。

実際に、長年悪かったような症状は、一時的に回復のプロセスで停滞期間がきたりしますが、それを過ぎると、やがて回復曲線を急上昇していきます。

ですから、本当に簡単に「あきらめない」ことが大切なんですね。

これは口をすっぱくして、何度でも言いたいです!!

回復整体は、私たち整体師の指示を守って通っていただければ、早期に確実に回復の過程を歩めるようになっています。

私たち整体師の指示を素直に「ハイッ!!」と言って実行する方は本当に確実に回復していきます!!

「でも・・・」と言って、自分の他の都合ばかりを考えて、症状の回復を後回しにする不調者さんは、回復がとても遅れます。

冷静に考えれば、整体師の先生の指導を守らないで整体で症状を治そうとするほうが無理ですよね!!

「素直に」というのは、本当にすごく当たり前のことです!!

あなたは「あせらず、急がず、あきらめず、素直に」整体を受けられますか???

「ハイッ!!」と答えられるあなた、私と一緒に回復街道を一直線に歩んで行きましょう!!


以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

その先には回復の希望の灯火が必ず見えてきますよ。

posted by ゆ〜さん at 02:31| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする