2010年09月18日

身体の緊張がゆるむと、施術効果が高まる

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


15日は、朝晩の涼しさを受けて、すごしやすい1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・70才代の女性のKさんは、病院で脊椎管狭窄症と診断されて、足のシビレで来られました。

10分くらい歩いていると、右足にジーンとしたシビレが出てきて、身体を反らすと左足にビリッというシビレが出ます。

右足には長年弱いシビレがあり、2ヶ月前から強くなってきたそうです。

身体の検査では、立位では左肩が下がっていて右の肩甲骨から背中にかけて膨隆がありました。

仰向けになると身体は腰から上が大きく左に約30度傾いていました。

うつ伏せでは、背骨が右側に大きなカーブを描いてゆがんでいました。

ここまで来ると、かなり年季の入ったゆがみです。

初回の施術ですでに背骨がほぼ真っ直ぐになったので、比較的早く足のシビレがよくなっていくことを伝えました。

3回目の施術の前にシビレの変化を聞いたら、歩いていて気になることが少なくなり、身体を反らしてもピリッと来なくなったことがわかりました。

よかったですね!!

今日は、仰向けでの身体のゆがみが確実に変化してきていて、うつ伏せでの背骨がほぼ真っ直ぐに近いくらいになっていたので、そのことを伝えてKさんに喜んでいただきました。

大腿部の裏側や肩もかなりの硬さになっていましたが、今日はかなりゆるみやすくなっていました。

確実にいい変化が全身に出てきています。

緊張し続けてきた身体が、施術を受けてリラックスしやすくなってくると、症状が劇的に変わってきます。

脳や身体をリラックスさせることは本当にすごい治療効果があるのですね。

施術後には、簡単な姿勢をよくするストレッチ体操を確認して、Kさんに家でもしてもらっています。

Kさんはとても熱心にストレッチをしているので、回復がすごく早くなりそうです!!

どんどんKさんの笑顔が増えてきているので、とっても楽しみです!!



▽今日の学び

今日の学びは「身体の緊張がゆるむと、施術効果がグングンと高まる」ことです。

腰痛や肩こりのように、慢性的に筋肉が緊張して硬直している場合には、強い刺激でもみほぐそうとすると、身体が本能的に外部から攻撃されていると判断して筋肉を緊張させてしまいます。

マッサージでもみほぐした後に好転反応といわれる痛みやだるさが出るのは、筋肉が損傷して、その修復を行う際に発生すること多いようです。

硬直した身体に強い刺激は逆効果になり、傷ついたり、かえって身体は硬直することが多いのです。

むしろ、どんなに疲労が蓄積していても、身体を緊張させないように少しずつゆるめていったほうがいいのです。

身体の緊張をやわらげるようにしていけば、身体の本能がその刺激を安心安全と判断して、全身の筋肉や神経をゆるめるように指令を出すのです。

その結果として、施術をうけてくり返し身体をリラックスさせていけばいくほど、身体の筋肉の深い部分から緊張が取れるようになり、可動範囲が広がり、筋肉や骨格や神経や血流が正常化していきます。

肩こりや腰痛のような慢性的な症状を持つ不調者さんは、無意識のうちに患部周辺が緊張しているので、それをリラックスさせることがとても大切なのですね。

なかなかリラックスしにくい方は、ゆるみにくいので、少しずつ回復していきます。

リラックスしやすい方は、ゆるみやすいので、少し早めに回復していきます。

リラックスしにくい方でも、プラスのイメージ、プラスの言葉、プラスの感情を意識的に作り出していけば脳を快にすることが出来ます。

脳を快にすることで、脳からたくさんのホルモン分泌されて、身体はリラックスしていきます。

身体かリラックスして、筋肉がゆるんでくると、血流がよくなるので、新陳代謝が活発になり、細胞の働きがどんどんよくなっていくのです。

いろんな症状で悩んできたみなさんも、脳を快にして、身体の緊張をときほぐしてリラックスしましょう。

長年の慢性病を少しずつ脱ぎ捨てていきましょう。

そして、私たちと一緒に回復街道をまっしぐらに歩んでいきましょう!!

「かがやき」は、そのサポートを真心込めて応援していきます。




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 02:41| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする