2010年10月08日

いろんな手法を学びました

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


28日、29日は九州への出張でした。

静岡の先生が来られて直接指導をしていただきました。

西日本の24人の先生方が集まって、いろんな手法を学びました。

とくに今回は、身体の姿勢を整えることと、筋肉の周辺部分の痛みをとることを組み合わせた手法を学びました。

筋肉の主導的な役割を果たす部分へのアプローチはこれまでありましたが、今回はその主導筋を補助する部分へのアプローチを学びました。

うまく使えると、今までよりもいろんな痛みに対応することが出来るようになります。

しっかりと練習して、現場で柔軟に使えるようになります!!


▽今日の学び

今日の学びは「一つの手法は相手の状態や狙いによって使い方が異なる」ことです。

今回は、今まで使っていた手法のいろんな使い方を教えていただきました。

症状によっても、一つの手法のかけかたが違ってきます。

まずは手法の基本をしっかりと学ぶことが大切です。

とにかく形や手順をしっかりと学びます。

次に手法を症状にうまく対応して使えるようになることが大切になります。

一人一人の不調者さんに個別に対応していくにつれて、一つの手法を柔軟に使えるようになります。

このような段階になると、一つの手法でようやくある程度いろんな症状の状態に対応できるようになります。

何事もプロの職人技として使えるようになるまでには日々の精進が必要ですね!!

いろんな手法を増やしていくことによって、一人でも多くの不調者さんが笑顔になって回復していく姿を応援していきます!!



明日も一人一人の不調者さんが
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 01:47| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

身体は生活習慣が作る

みなさん、おはようございます。
回復アーティストの原です。


28日は、朝晩は涼しくて、日中も過ごしやすい1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・50才代の男性のKさんは、半年前から少しずつ腰が気になっていましたが、とうとうギックリ腰になってしまいました。

会社で仕事をしていても動けなくなったので、急遽整体を受けに来られました。

重いものを持ち上げて運ぶ仕事なので、身体のゆがみのクセがかなり強くついていました。

身体の筋肉が硬直して、ゆるんでリラックスするのを忘れている状態でした。

施術では、一番楽なうつ伏せの姿勢で腰から背中を中心にゆるめました。

腰が痛くない仰向けのなり方を教えると、ゆっくりとですが仰向けになれました。

Kさんの背中や腰や足を全体的にゆるめていきながら、

「緊張していた筋肉がだんだんゆるんできてますよ!!」

と伝えると、Kさんは

「あ〜ぁ、全然違う、楽です!!」

「こんなに楽になれるんですね!!」

と言ってリラックスしていただきました。

施術後も仰向けでしばらくゆっくりしていただいてから、うつ伏せになって腰をジワーッと伸ばしながら、起きました。

仕事の途中でも腰の負担を減らすストレッチを教えて、Kさんに一日に数回していただくことになりました。

次の日から私の出張が2日間あるのが気がかりですが、なんとか無理せずに乗り切ってくださいね!!





▽今日の学び

今日の学びは「身体は生活習慣で作られている」ことです。

Kさんはすごく真面目で職人気質なので、ひたすら仕事中心の生活をされて来られました。

力仕事なので、身体は硬直していました。

筋肉は縮んで働いてくれるので、働けば働くほど次第に縮みます。

それを何十年もしてくれば、柔らかかった筋肉は硬直してしまい、最終的には石灰化して骨化してしまいます。

でも、それを予防する方法があります。

それは縮んで硬くなった筋肉をジワーッとゆっくりと伸ばしてあげることです。

筋肉は一途で真面目なので、縮むことは出来ても、自分で伸びることはできないのですが、筋肉が働いて縮んでも、すぐに伸ばしてあげれば、また普通に縮むことが出来るようになります。

たったこれだけで、筋肉の疲労は取れやすくなり、痛みや石灰化の予防になります。

私たちの教える脱力系のストレッチを生活の中に取り入れるだけで、姿勢がよくなり、痛みを予防しながら過ごせるのです。

日々の生活習慣を改善するだけで、健康的な生活が送れます。

あなたも、整体で身体のバランスを整えながら、健康的に生活できる生活習慣を作りませんか?





今日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 08:26| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

5年間のシビレが1回でとれちゃいました

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


27日は、朝晩は涼しくて、日中も過ごしやすい1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・20才代の女性のNさんは、5年まえからの左右の腿から先のシビレで来られました。

この5年間は、Nさんが寝ても座っても立ってもシビレが続いていたそうです。

まだ若いのに大変でしたね!!

Nさんは、いつもシビレでいるので、それが嫌なんだけれど、でもなんとなく慣れてきた感じもあったそうです。

問診をしている時の座った姿勢が背中が丸くなっていて、仰向けの姿勢がバナナのようにゆがんでいたので、姿勢矯正をしばらく続けてもらう必要があると判断しました。

施術では、一通り身体のゆがみを整えて、骨盤周辺を丁寧に調整しました。

腰椎の5番周辺に違和感を感じていましたが、仰向けになって膝を曲げると、最初に膝を曲げた時の痛みがなくなっていて、シビレもなくなっていました!!

す・ご・い・で・す・ね〜!!

5年間のシビレが、施術後には取れてしまいました。

Nさんもビックリしたようです!!

この調子ならば、姿勢を整えるストレッチをこまめに続けてもらえれば、かなり早く身体のバランスのいい状態が維持できます!!

Nさん、よかったですね!!

私も喜んでもらえて、

うれしい、楽しい、幸せです!!

Nさん、まだまだスポーツや趣味を楽しめるようになりますよ!!

一緒によくしてきましょうね!!




▽今日の学び

今日の学びは「あきらめないことが一番大切です」ということです。

たくさんの慢性的な症状を持った不調者さんがよく来られています。

3年間神経痛でシビレていた、10年前から痛みが出ていた、30年来の肩こり・・・といった不調者さんが本当に多いです。

そんなに長い間ガマンしていた要因のひとつは、病院がシップや痛み止めや電気を当てることしかしてこなかったことがあると思います。

そのうえ病院の先生から「年だからね」と言われれば、本当に途方に暮れてしまいますよね。

不調者さん自身も、自分の症状をあきらめて、治療を断念していたことも、慢性痛を持ち続けるようになった要因のひとつだと思います。

いずれにしても、慢性痛は、病院で検査をして器質的疾患でなければ、整体で改善もしくは回復することが多いのです。

長い間慢性痛で悩んでこられた高齢の不調者さんにまず強調したいことは、簡単にあきらめたりしないでほしいということです。

つい先日も来られましたが、90才代の女性の不調者さんは、肩こりや腰痛が回復しているのです。

よくなりたいという希望を捨てないで、ぜひ私たち整体師に気軽に相談してください。

年を重ねるたびに体力が少しずつ衰えていくのは致し方ない現実ですが、だからといっていろんな痛みが出るとは限りません。

ご高齢の方でも痛みもなく過ごせるのです!!

あなたの身体の自然治癒力の働きを後押しして、症状を少しでも楽にするように全力で応援していきます。





明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 03:01| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする