2010年12月29日

背骨と両脇のシビレ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


25日は朝晩がよく冷えて、日中は陽ざしがいい天気でした。

今日も通ってこられた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

70才代の男性のKさんは、背骨と両脇のシビレに困って来られました。

2月前から症状が出てきました。

Kさんは整形外科に1か月毎日通っても、よくなるどころか、かえって症状が悪化してきたので、チラシを見て来院しました。

背骨と両脇のシビレから、私は即座に椎間板の圧迫と肋間神経痛の可能性が脳裏に浮かんできました。

施術は側臥位になってもらって、背骨を中心として背中の筋肉のハリをゆるめていきました。

圧迫骨折の疑いもあったのですが、強い痛みもなく、背中がゆるんでいきました。

背筋がゆるんでくるにつれて、背骨やわき腹のシビレが弱まってきました。

この調子でゆるめることで、十分に回復する手ごたえが感じられました。

Kさんには、背中が丸くなる姿勢→背筋の緊張→背骨の間隔が狭くなる→神経の圧迫→シビレの発生、という説明をして、今後の施術の方針を伝えて、背中の丸い姿勢を改善していくために自己ストレッチを教えました。

Kさんは、私の説明を聞きながら、

「そう言ってもらえると、私にも理解できます。わかりました。」

と言っていただきました。

整形外科では、症状についての一切の説明もなく、ただ痛み止めと湿布と電気治療だけで、Kさんはとても不安だったそうです。

お医者さんはKさんの背中には一切触らなかったそうです。

「そんな対応なら、私でも不安ですよ。

うちの整体は、Kさんの身体の状態を診て、何が原因なのかを探していきます。

症状の原因が分かれば、どうすればよくなるのかがわかりますからね。」

私はKさんにこのように伝えて、安心していただきました。



▽今日の学び

今日の学びは、症状の程度や身体の見立てから症状の原因を追究していくことの大切さと、それを不調者さんにキチンと伝えて、適切な施術の方針を提示することの大切さです。

症状はどこからともなくやってくるものではありません。

不調者さんが症状を作っているのです。

にもかかわらず、それを自覚している人は少ないです。

なぜ症状が出てくるのかが分からない不調者さんが多いです。

そんな場合には、不調者さんと一緒に症状の原因を探していくことが大切であり、痛みを出さない身体の動かし方を身に付けてもらうことが必要です。

そのことをキチンと伝えて、不調者さんに納得してもらうことが大切ですね。

そこで初めて不調者さんが症状を作った主人公であり、回復の主人公でもあることに気づきます。

今まで痛みやシビレや辛さに悩んできた不調者さんに回復活動の主体であることを気づかせることが、不調者の回復教育においてとても大切になります。

Kさんは、幸いなことに、最初からそのことに気づいて納得してくれました。

Kさん、目の前には順調な回復が待ち構えていますよ!!

よかったですね!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 02:32| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

東京出張でした

DSCF1368.JPG

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。




22日と23日は東京へ出張して整体実践塾に参加してきました。


2日間、とてもいい天気に恵まれました。


21日の夜にはとても強く雨が降っていたので、翌日から晴れてくれて本当によかったです!! 


よっぽど私の日頃の行いがよかったのですね!! (笑)





今回で1年間の実践塾が終了しましたが、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。


新しい手法を学ぶことで、より施術効果をアップさせることが出来ました。


そのおかげで、回復整体の治療法への自覚をより深くさせてくれました。


今まで以上に幅広く自信を持って不調者さんの訴える症状に対応することが出来ようになりました。


本当に整体師としてのスキルアップになってくれました。


この機会を与えていただいた加賀谷校長には本当に感謝あるのみです!!




全国に素敵な仲間が出来たことも大切な収穫です。


みなさんに毎月会うことで、モチベーションをたくさん刺激していただきました。


仲間の存在は本当に心強いですね!!


尊敬する先輩たちからいただいたアドバイスは何にもかえがたい貴重な財産ですね!!


これからの整体師としての人生のとっても大きな収穫となりました。


1日目が終わって、ホテルに帰ってこの1年間を振り返っていたら、いろんな思いが湧き上がってきて、目頭が熱くなりました!!


心から幸せだなぁ〜と思いました。




東京出張の前日には、腰を痛めてしまい、とても大変な思いで仕事をしていました。


最近ではあまり覚えがないくらいの強い痛みでした。


実践塾での実習中にいろんな先生から施術していただくことで、本当に痛みが薄らいでいきました。


痛みが強い時の辛さや不安感、施術するごとによくなっていく身体の状態、だんだん楽になっていく感覚をじっくりと味わうことが出来ました。


これほど症状がひどくなると、自己ストレッチだけでは痛みを和らげるのが難しくなります。

やはり、普段から自己ストレッチをしていても、定期的に身体のゆがみをキチンと整えておくことが大切なのですね。

不調者さんの辛さを実体験することが出来ました。


本当にありがたいことですね!!




こんなに素敵で幸せな体験が出来て、私は本当に幸せ者です!!

不調者さんも「私が早くよくなるように、しっかり勉強してきてきてね!!」と暖かく送り出してくれました。

これもみなさんのおかげですね!!


うれしい、楽しい、幸せです!!


ありがとう、感謝します、ツイてます!!



 

明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていたたくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーッ!!!


 

posted by ゆ〜さん at 03:06| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

リウマチも回復します

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


18日は、日中がいい天気でした。陽ざしが暖かいと、気持ちがホッとしてくれます。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

40才代の女性のFさんは、車で1時間かけて来られています。

リウマチで足や首や両腕がうずいたりしていましたが、現在は左の肘がうずいたり、動きが悪かったりしています。

かなりリウマチの症状か改善しています。

これだけでもすごい事実ですね!!

半日の事務仕事をしているFさんは、月曜日と火曜日が少し朝起きてからエンジンがかかるまで時間がかかるようですが、週の後半は「絶好調」で過ごしています。(笑)

今日は、全体のバランスを整えながら、特に左肘の可動をよくするように施術しました。

今は10日に1回の施術なのですが、来年からは2週間に1回に伸びてくれそうです!!

Fさん、本当によかったですね!!


▽今日の学び

リウマチは、もう不治の病ではありません。

痛い治療を我慢して受けなくてもいいんです。

回復整体は、身体に優しい施術だからこそ、リウマチも回復させることが出来るのです!!

まずはこの事実をみなさんに知っていただいて、あきらめないでほしいです。

Fさんには、患部に症状が出ても、それを抑えるような自己療法を伝えています。

だから、うずきが強い時でも、それを抑えて過ごすことが出来るのです。

それをくり返していくうちに、だんだんリウマチの疼きや痛みが薄らいでいき、動きの悪かった関節の可動もよくなっていきます。

どんな症状でも、一番大切なことは、不調者さん自身が自分の身体の症状を軽減させるように対応することです。

Fさんは、それを楽しみながらしてくれています!!

本当に素晴らしいことですね!!

この調子でどんどん回復していきましょう!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 00:30| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

長年の頭痛が出ていない

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


17日は、朝晩が冷えこんで、昼間は陽ざしがよくなる冬らしい1日でした。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

70才代の女性のHさんは、若い頃から頭痛がズーーーッとありました。

頭痛のない日が1日もなかったそうです。

最近は舌にシビレが出てきています。

首や肩がコリやすくて、自律神経失調症と診断されているそうです。

夜には怖い夢を見るクセがあるそうです。

これだけでも、かなり精神的にも身体的にもストレスと緊張が強い生活を送ってきていたことがわかります。

そのほかに両膝の関節の軟骨がすり減って変形していて、階段の上り下りで痛みが出ます。

これらの症状は一度にすべての改善は難しいこと、自律神経の調整には一定の時間がかかることなどを伝えて、Hさんに了解していただいたので、施術を開始することになりました。

施術では、体幹を整えてから、頭部と首周辺を施術していきました。

頭蓋骨の調整をして施術を終了すると、Hさんの頭痛はかなり和らいでいました。

その後、施術を続けている間は、無理をしないで過ごしてもらっていると、頭痛は出てきていません。

こんな日々は、頭痛が出だしてから一度もなかったそうです。

舌のシビレも1/3も和らいできています。

本当にすごいことですね!!

これまで自律神経を失調させ続けてきたHさんは、いい状態を維持するためにも、現在までの生活習慣を
改善していく必要があります。

ある程度よくなってきた症状をどこまで続けてよくできるかは、今後のHさんの心構え次第になってきます。

しっかりと応援していきたいと思います!!



▽今日の学び

不調者さんの症状は、その生活習慣がもたらしたものです。

整体で不調者さんの症状を改善させても、不調者さんが自分の生活習慣を改善することが出来なければ、必ず症状は再発します。

しかも、不調者さんは、自分の生活習慣が症状をもたらしていることを自覚していないことが多いです。

だから、いったん整体で症状が楽になると、すぐに今までの生活習慣に戻ってしまい、症状を再発させて治療そのものまでやめてしまうことが多いのです。

本当にもったいないですね!!

整体は、不調者さんに自分の身体や生活習慣について教える教育活動としての意味合いを兼ね備えています。

整体は、ただ身体を整えるだけではダメなのですね!!

不調者さんも、ただ身体の調整をしてもらえばいい・・・なんてお気軽すぎる考えは捨ててください。

あなたの症状を作ったのはあなたですし、それを改善させる主人公もあなたなのですから。

でも、自分で自分の症状をコントロールできるなんて、本当に一番簡単で一番根本的なことなのです。

回復整体は、施術と生活習慣の改善と自己ストレッチの三本柱で不調者さんの症状に対応しています。

すばらしい組み合わせですね!!

自分の身体のゆがみや生活習慣の改善について本気で考えている不調者さんは、ぜひ悩める症状についてご相談ください。

三本柱の組み合わせで、あなたの根本的な回復のお手伝いをさせていただきます!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

それがすごく大切です。
posted by ゆ〜さん at 08:04| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

プラス思考が回復を早める

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


16日はいい天気でしたが、風が寒くて強い1日でした。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

90才代の男性のSさんは、とても寒い日が続いて家で過ごすことが多かったことから、左膝の重だるさを少し感じやすかったようです。

「膝の重だるい感じが少し戻ったみたいだよ」

とSさんは少し不安そうでした。

神経痛の痛みやシビレは、家での座り方や歩き方などの過ごし方によって強くなったり、弱くなったりします。

施術をしながら、私はSさんに次のように話しかけたりしました。

「神経痛は天気の影響を受けたりするものだから、あんまり神経痛のシビレの変化に一喜一憂しすぎないようにしてくださいね!!」

「シビレが強い時には、教えてあるストレッチ体操をして弱めながら過ごしてくださいね!!」

「シビレが強い時にも、最初よりは半分以上もよくなってきているから、気にしすぎないようにしてね!!」

マイナス方向に向きやすかったSさんの思考を少しでもプラス方向に向けたかったので、一生懸命に話しかけました。

一通りの施術を終えても、Sさんの左の膝にもう少し重だるさがありました。

この日のSさんの骨盤は左側が下がっていたので、施術の最後に左の骨盤の調整をすると、

「ああっ、そうすると、左の膝が楽になる!!」

とSさんが答えてくれました。

施術後にSさんは足踏みをしながら、

「こうやって歩くと足が軽い!!」

と喜んでくれました。

Sさん、この調子でいい感じを続けていきましょうね!!


▽今日の学び

身体の症状が確実に回復に向かうためには、不調者さん自信が症状がよくなっていく変化を喜ぶプラス思考が必要になります。

それがあるかないかですごく症状の回復のスピードが違ってきます。

身体の痛みやシビレに長年悩まされてきた不調者さんは、痛みやシビレに敏感になっています。

そのために症状のよくなっている部分よりはまだ悪い部分に敏感になりがちです。

腰から足先にかけて全体がシビレていたのに、それが足のくるぶし付近が少しシビレる状態に変化してきても、「まだシビレる」「やっぱりシビレる」と言うことが多いです。

痛みやシビレを探すクセがついているんですね。

でも不思議なことに、痛みやシビレに敏感なはずなのに、それが確実に減っていることはわからないのです!!

そうしたマイナス思考が続く限り、症状の回復はすごく遅くなります。

本当は自分が自分の症状を作っているのに、それに気づかないのです。

気づかないので、被害者意識が強くなってしまい、自分で回復に向けて地道に努力していこうとする気持ちをなかなか持てないようです。

いろんなアドバイスをしても、あいまいな返事しか返ってこないことが多いので、なかなか私たちのアドバイスを実行してくれません。

そんな時には本当にもどかしい思いがします。

その逆に、症状が少しずつよくなっていることを自覚している不調者さんは、よくなることへの感謝の気持ちが強くなるので、症状の回復が早くなります。

どこに行ってもよくならなかった症状が確実によくなっていくのですから、それを素直に喜んでくれます。

そんなプラス思考の不調者さんは、こちらのアドバイスもよく聞いて実行してくれるので、驚くほどの回復力を見せてくれます。

そんな時には本当にうれしくなります。

いろんな不調者さんがいらっしゃいますが、身体に症状が現れている時には、心にもなんらかの問題があることが多いようです。

心と身体のバランスがうまくとれいることは本当に大切ですね!!

ついマイナスに考えやすいクセのある不調者さんも、プラス思考を身につけるように努力して、身体の症状の回復に一緒に取り組んでいきましよう!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 22:21| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

かなりの前傾姿勢

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


15日は風が強くて肌寒い1日でした。

寒い中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

80才代の男性のSさんは、姿勢の前傾がとても強くて、下を向いて歩いている状態でした。

友人の勧めで整体を受けに来られました。

少し日にちがあいた2日目でしたが、前回の後は身体に痛みなどは出なかったようでした。

最初はクッションを背中と頭において施術を開始しました。

次第に足が伸ばせるようになったので、「気持ちいいなぁ」とSさんに言っていただけました。

緊張の強い筋肉をゆるめて骨格の可動をよくしたうえで、新しく身体を支える筋肉を育てていく方針で施術をしていくことを伝えました。

Sさんには自分でできる簡単ですが、すごく効果があるストレッチ体操をしていただて、新しい身体の姿勢や動かし方を身に付けていきましょう、と伝えました。

「これはいいなぁ!!」

「これなら出来るなぁ!!」

とSさんか言ってくれたので、少しずつ姿勢が改善させていくイメージが私の頭の中に描くことが出来ました。

Sさんねあせらず、あわてず、あきらめずに、姿勢の改善に取り組んでいきましょうね!!



▽今日の学び

80歳を超えた高齢者のかなりゆがんだ姿勢の改善は、若い働き盛りの不調者さんと違った難しさがあります。

それではも、体力の衰えた身体が変化していくのに少し時間がかかりますし、どこまで改善していくのかに個人差がありますが、本人が前向きに取り組んでいく限りは、少しずついい方向に進んでいきます。

本人があきらめない限りは、少しずついい変化が出てきます。

そのたびに不調者さんの表情が生き生きとしてきます。

「あ〜っ、膝がここまで曲がる!!」

「正座をしてお尻がかかとに着いた!!」

「35年ぶりに正座が出来た!!」

「背筋を伸ばしたら身体がスッと伸びる感じがする!!」

「散歩をしても足が軽かったでぇ!!」

姿勢や身体の動きに新しい変化が出るたびに、うれしそうに私に報告してくれます。

そんな時には「よかったねぇ」と言って一緒に喜びます。

そのたびに「いい仕事をさせてもっているなぁ」と実感することが出来ます。

病院やほかの整体ではよくならなかった人たちの症状がどんどん改善していく場面に接することが出来るのは、本当にありがたいことですね!!

そのことに感謝しながら、もっともっと多くの悩める人たちに喜んでもらえるように、日々精進していきます!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 19:18| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕の付け根のコリ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


14日は朝からとてもいい天気で、日中はとても暖かかったです。

いい天気の中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

高校2年生のIさんは、片頭痛と肩や腕のコリで定期的に身体のメンテナンスに来られています。

最初に来られてから、もう1年が過ぎました。早いですね!!

最近は、一緒に来られるお母さんも特別に痛い個所なくなり、身体のメンテナンスをしています。

毎回、2人の素敵な笑顔に会えるのをとても楽しみにしています。

Iさんは、中学生の頃から原因不明の片頭痛に悩まされ、いろんな病院通いをしたそうです。

いろんな薬を飲んでは気持ち悪くなったりしていました。

こちらに来られてからは、頭部の調整をしていくことで、片頭痛はほとんどよくなりました。

試験などで無理をすると、少し気になるけど、すぐにしずまるようになりました。

最近は、左の肩や腕の付け根のコリが気になることが多くなりました。

高校生のIさんはとても真面目なので勉強もとても熱心にしています。

Iさんの場合には、寝る時の姿勢や勉強の時の姿勢の影響が強いようです。

期末試験が終わったばかりだったこともあって、左の腕の付け根はかなりコッテいました。

腕を上にあげると、コキコキと音がしていました。

私たちのころとは違って、最近の進学校の勉強はなかなか大変そうですね。

施術後には、Iさんの素敵な笑顔を見ることが出来ました。

腕の付け根周辺の可動をよくするストレッチ体操を教えて、家や学校でしてもらうことにしました。

これで楽に過ごせるようになるといいですね!!



▽今日の学び

若い中学生や高校生でも、無理な姿勢や動きが重なってくると、身体にゆがみが作られて、コリや痛みのSOSのサインが出てきます。

大切なことは、無理のない姿勢や身体の動かし方を身につけることと、身体にたまってくる疲労を早急に回復させることです。

それが出来れば、少しずつゆがみが整っていくので、90才の高齢者の痛みやシビレも改善していきます。

それが出来なければ、ゆがみがどんどん強くなるので、小学生や中学生でも痛みやシビレが発生します。

身体にゆがみを作らない姿勢や身体の動かし方を身に付けて実践することが、症状を和らげて、健康的な生活を送るうえでとても大切なんですね。

不調者さんは、それが身に付けられていないので、身体がSOSのサインを出しているのです。

身体のゆがみは長年の習慣の蓄積で作られているものなので、急激な変化は難しいですが、適切な指導を受ければ確実に改善していきます。

その場しのぎの対処療法ではなくて、普段の身体の使い方を変えていくことで、症状を根本から変えていき、笑顔で楽しんで人生を送りたい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

あなたの症状の回復を応援していきます!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 02:59| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

右腕の付け根が痛くなる原因は・・・

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


今日は朝から晩まで1中雨でした。

久しぶりの雨でしたが、空気はとてもひんやりとしていました。

大地や草花がとても喜ぶ1日でしたね。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

60才代の女性のNさんは、足の長さの違いから股関節に違和感が出やすかったのですが、最近は違和感も出にくくなっています。

Nさんは若い頃からいろんな病気をしてきたので、最近はほとんど家で横になって寝て過ごすことが多いようです。

ときどき右腕の付け根が痛くなって、その症状を訴えます。

私は、最初はNさんの寝方の影響で、腕が下になって体重がかかってくるからではないかと思って、問診してみたのですが、どうやらNさんが寝る時の向きやすい方向とは違っていました。

右腕の付け根の痛みの原因は何だろう・・・

と、日常生活のことをいろいろ聞いていくうちに、股関節の関係で身体を動かしにくいNさんは、部屋の中のロープに洗濯物を干していることがわかりました。

しかもそのロープがかなり高いところにかけてありました。

そこで、そのロープの位置を下げてもらいました。

施術後には右腕の痛みは必ず取れて楽になっていたので、これでNさんの右腕の付け根の痛みが再発しにくいはずだと私は考えていました。

そうすると、しばらくは右腕の付け根の調子はいいのですが、なぜかまた右腕の付け根の痛みが再発してしまいます。

何か右腕に痛みを出すような原因があるはずだ・・・何だろう・・・

と、施術中にNさんに問診しながら考え続けていました。

そこで新たに分かったことがありました。

ずっと家の中で横になっているNさんは、寒がりなので1日中ストーブをつけていました。

朝入れた灯油が夜にはなくなるので、毎日灯油を入れるために、重い灯油缶を持ち運びしていたのです。

さすがに毎日は辛いですよね。

ほとんど身体を動かさないですごすNさんの右腕には、ほんの数日の間にかなりの疲労がたまっていたのですね。

現在は、とりあえずは、あまり重い灯油缶を運ばなくて済むように、出来るだけ近くにおいてもらっています。

そのせいかねNさんの右腕の痛みは少しずついい感じに向かっています。

よかったですね!!

これで落ち着いてくれるといいですね!!



▽今日の学び

いろんな症状には必ずいくつかの原因があります。

症状を根本的に回復させるためには、施術で痛みやシビレをなくすだけでなく、再発させないことが必要になります。

そのためには不調者さんの日常生活の過ごし方を詳しく聞き出すことが大切です。

生活習慣のレベルから身体の負担を減らしていくことが出来れば、症状を再発させることが少なくなっていきます。

そのためには整体師と不調者さんが協力し合って症状に向き合うことが必要です。

不調者さんが自分自身の日常生活の過ごし方を振り返って、対話を重ねることで、これまでよりはずっとずっと心と身体によりよい生活が送れるようになるのです。

これが出来るか否かで、よくなった症状を何度もぶり返す方と、根本から症状が回復する方とに分かれます。

自分の身体の症状の原因が分かって、それをなくすためにキチンと行動して、確実に症状がよくなっていく時には、不調者さんには生き生きとした笑顔が表れてきます。

その笑顔に接するたびに、本当にうれしくなります。

この仕事をしていてよかった、と心から思えます。

現在悩んでいる症状から根本的に回復したいと願う方は、ぜひ私と一緒に回復街道をまっしぐらに進んでいきましょう!!

私はいつでも全力であなたが笑顔になれるように応援していきますよ!!



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:01| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

膝から下のシビレ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


12日は朝晩は冷え込みましたが、日中はとてもいい天気の1日でした。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

70才代の女性のKさんは、左の膝周辺の神経痛で来られています。

半年前からシビレや痛みがひどくなって、ほとんど寝て過ごしていたようです。

食事も寝て食べていたようです。

そのせいもあって、骨盤は親指一本半ほどのズレが毎回できています。

ほとんど寝た生活をしている不調者さんは、ななめで横になって過ごすことが多いので、骨盤のズレがすぐに戻ってしまい、シビレや痛みに悩まされることが多いです。

Kさんもまったくその状態でした。

この前からは、少しずつシビレる箇所がくるぶし周辺に移動してきました。

ストレッチをすると、シビレや痛みがなくなるようになりました。

最近になって、座って食事ができるようになったり、立って歩く時に姿勢を気を付けて歩けるようになりました。

よかったですね!!

まだ2週間も経っていませんが、すごく症状が変化してきて、改善しています。

ひどい神経痛がこんなによくなるなんて、本当にすごいですね!!



▽今日の学び

日常生活を過ごす際に姿勢は本当に大切ですね。

猫背の前傾姿勢になっているだけで、首、肩、背中、腰、腿、膝、足首などに余計な力がかかるので、筋肉がとても疲労しやすくなります。

筋肉が緊張すると、血流も悪くなります。

骨格がゆがむので、神経が圧迫されやすくなります。

こんな感じで、姿勢が悪いだけで、いろんな症状が出てきます。

長年腰痛などで悩んできた高齢者は、寝て過ごすことが多いこともあり、その横になる姿勢の影響で骨盤がズレるクセがついていることが多いです。

高齢者は筋力が弱ってきていることも多いので、骨盤のズレがよくなるまでにはしばらく時間がかかることが多いです。

横になる姿勢の影響で骨盤がズレることをきちんと伝えたうえで、ストレッチの体操でできるだけ整えるほえる方向で不調者さんに協力していただく必要があります。

それができるようになると、かなり症状に変化が出るようになります。

Kさんは、ストレッチ体操をしてシビレや痛みがなくなることに気づいてから、とてもストレッチの体操を気に入ってしてくれるようになりました。

本当によかったです!!

Kさんは、横になる姿勢がよくなるにつれて、少しずつ座った姿勢や立った時の姿勢にも気をつけることが出ています。

Kさん、この調子でいきましょうね!!



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:05| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

慢性的な首や肩のコリ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


11日は曇りがちの1日でした。

今日も来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

40才代の女性のМさんは、デスクワークが多いこともあって、首や肩に違和感がありました。

今日で4回目の施術でしたが、1週間の間隔があいても楽な状態で過ごせていました。

よかったですね!!

働き盛りの女性の首や肩はコリが慢性化していることが多いですね。

家事は毎日大変ですし、仕事場でも責任ある仕事を任せられるようになってきます。

とても忙しくて、整体を受ける時間が作れにくい方が多いです。

Мさんも子育てや仕事が大変なのですが、とても素直な方なので、施術の正しい受け方や、ストレッチ体操を真面目に実行してくれていたので、すごく早く効果が出ました。



▽今日の学び

慢性的なコリを持っている人は、身体に負担がかかる姿勢や動き方をしていることが多いです。

それがコリの原因なのですから、それを変えようとしないかぎりは、楽になれません。

Мさんのように、家事や仕事の合間にストレッチ体操をうまく出来るかどうかで、施術効果の持続の程度がまったく異なってきます。

私たち整体師の指導を素直に聞ける不調者さんは、本当にものすごく症状が改善します。

その反対に、最初からあきらめモードで、素直にアドバイスを実行できない不調者さんは、自分で自分を苦しめる状況から抜け出すことができないことが多いです。

自分の今までの生活習慣にこだわりすぎて変えれないと、すぐに症状がぶり返してきます。

整体で症状がよくなるかどうかは、不調者さんが素直に私たちの指導を守って実行できるかどうかにかかっています。

これまでの慢性化した症状で悩んできた不調者さんは、本当に症状にサヨナラをいうためにも、私たちの指導に素直にしたがってみてください。

必ず何かが変わり始めますよ!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 23:41| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする