2009年07月24日

悪い姿勢=身体の歪みが痛みの原因

今日は高校3年生のTさんの話です。
症状は頭痛、首痛、肩こり、背筋痛、腰痛です。
姿勢は首が右に傾き、右肩と右腰が下がっています。
Tさんは電車通学で吹奏楽部に入っているので、なんとなくその時の姿勢が目に浮かんできます。

初回の施術では、全体のゆがみを整えていって、首と頭をゆるめていきました。
頭痛と首はかなり楽になり、姿勢もストレッチを教えてしてもらって、その効果を実感してもらえました。

今日は2回目の施術でした。
今日の主訴は右肩のこりでした。
なんと他の痛みはとれていました。
全体のゆがみを整えていって、肩と首をゆるめました。
姿勢もストレッチをして、改善しています。
よかったですね。
これから身体の歪みを整えていって、姿勢をよくしていきましょうね。
姿勢美人になれるように、顔晴りましょう。
全力でそのお手伝いをします。

回復整体の姿勢矯正でとても大切な事があります。
それは姿勢が悪くて痛みが出ていても、その痛みがとれたことが回復ではないということです。
身体の痛みがとれたうえで、痛みを出していた身体のゆがみが整うことが大切なのです。
くり返しの施術を続けると、痛みが取れた後で、ゆがみが整っだ状態が安定して、脳と身体がそれを学習して記憶します。
そうすると、症状がすぐに再発しないのです。
身体のゆがみが整って脳と身体がそれを記憶しないと、何度も痛みが再発してしまうのです。
それを図式化すると、こうなります。

痛みが取れる
      ↓
身体のゆがみが整う(姿勢が改善)
      ↓
正しい姿勢とバランスを脳と身体が記憶

このように身体の状態が整ってくると、それが回復=卒業!!となるのです。
みなさんも、痛みがとれただけで安心して無理をすると、すぐに症状が再発した経験があると思います。
それはまだ骨格や筋肉のゆがみが整っていなかったからなのです。
もう少し整体を続けて、根本から整えて、その状態を安定化させていれば、よかったのですね。
このように回復=卒業にまで導く点が他の整体とは違った回復整体の凄いところなのです。
みなさん、お困りの症状があれば、安心してご相談ください。
本気でよくなりたいあなたに笑顔がもどってくるように
全力で回復の応援をします。
posted by ゆ〜さん at 01:37| 岡山 ☁| Comment(0) | 正しい姿勢や動き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。