2009年09月25日

腰痛にストレッチで対応しよう

みなさん、こんばんは。

月日の経つのは本当に早いですね〜!!
もう9月が終わりかけていますよ。

やり残したことが出来るだけないように
最後まで顔晴ります!!

今日も素敵な気づきをたくさんいただきました。
ありがとう、感謝します、ツイてます!!


80才代のHさんは、昨日は墓参りと買い物に出かけてかなり無理をしたようです。

今日は、昨日から腰が重だるかった、と訴えていました。

私がHさんに、昨日ストレッチをしたかどうか聞いたら、朝1回したと答えました。

Hさんは買い物から帰ってから、「腰がだるい、だるい」と言っているだけだったそうです。
 
私は、Hさんがまだうまく自分の症状と対応できていなかったことを聞いてショックでしたが、それは出来るだけ表情に出さないようにして、 

「忘れずに自分でストレッチが出てきたことはよかったですね。
 でも、朝一回だけでは少なかったよね。
 もっとしたほうがよかったんだよ。」

と伝えました。

素直なHさんは、私の話を聞いて納得してくれました。

よかったです!!

私は、一通りストレッチを教えて、ある程度出来るようになったので、その後はHさんが腰の調子に合わせて自分でうまく対応するように伝えていました。

もっと具体的な説明のほうがよかったようです。

1つのストレッチでも、その姿勢、仕方、時間、回数、注意事項など伝えることは結構あります。

教えたストレッチを毎回確認しながら新たに教えていくことも必要です。

不調者さんの症状の状態、性格、家庭環境などを踏まえて指導することの大切さを再確認しました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!

でも、今日の話でよかったことは、Hさんが歩いている時に足裏の指先のシビレはほとんど感じなかったということです。
 
少しずつですが、シビレが改善していることをお互いに確認しました。

本当によかったですね!!

何でも気軽に話してもらえるように気軽で前向きな雰囲気を作りながら、キチンと伝えることは伝えて指導していきます。

すべてが不調者さんの回復のためです。

それが私自身のためでもあるのです。


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
【関連する記事】
posted by ゆ〜さん at 22:57| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック