2009年09月28日

膝関節の痛み

みなさん、こんばんは。

連休の後から少し蒸し暑い日が続いています。

まだ秋が来る前なんだなぁと実感することが出来ました。

過ごしやすい日々を思いっきり楽しみます。

今日も素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


全身の疲労とゆがみで来られた60才代の女性のKさんは、なかなか膝の痛みがスッキリと取れていませんでした。

膝のお皿の周りはかなり堅くなっていて、かなり前から膝には痛みや違和感が強かったそうです。

前回は両膝を丁寧に施術して、施術後には痛みが取れて動きやすくなったにもかかわらず、今日は痛みがひどかったようでした。

仰臥位や座位でも痛くなくって、動いている時に痛みが出る…・・・それならば、
あの手法
をかければいいのでは…???

私はそのことに気づいたので、体幹を整えてから、立ってもらって、両膝に手法をかけました。

階段を下りる時に膝に痛みが強く出るにもかかわらず、階段を昇る時の手法で痛みが薄れることが分かりました。

もう1つ分かったことは、膝に体重を乗せる時に、両方の膝関節が内側に入る(ねじれる)ことでした。

膝が内側に入らないように可動を制限すると、痛みも薄れました。

Kさんに膝が内側に入りやすいことを伝えると、なんとKさんは座った姿勢で膝を内側にひっつけて私の話を聞いていました。

ひょっとして、その姿勢が膝の痛みの原因じゃないの…???

よく聞くと、昔からそうした姿勢はよくしていたそうです。

それは女性に多い姿勢なので、まさかそれが膝の痛みの原因につながるとは思いませんでした。

新しい気づきがありました!!

とりあえず、今日は歩く時に両膝が内側に入らないように気をつけてもらうことと、簡単な体操を教えました。

それで膝の痛みが減ってくれるといいですね!!

今日は、症状の原因についての可能性を一つ一つ消去しながら施術することの大切さと、痛みの原因を自分で思い込まないで、いろんな可能性を幅広く考えることの大切さを学びました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!

 
明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴ります!!


小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 02:41| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック