2009年10月15日

変形性脊椎症のシビレ

みなさん、こんばんは。

今日は昼すぎから雷がなって夕立になりました。

すぐやみましたが、雷は久しぶりでした。

雨が降るのを先読みして、野菜の種を植えた不調者さんもいました。

大腿部が張っていたので、筋ウェーブ法が出動しました。

グッドタイミングでよかったですね。しっかり練習させていただきました。

今日も素敵な気づきをいただきありがとうございました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



脊椎にトゲができて神経に当たっている変形性脊椎症と言われた40才代の女性のMさんは、右の臀部とふくらはぎに痛みとシビレを感じていました。

体幹を整えながら、ヘルニアの手法などを使っています。

施術を重ねるたびに痛みとシビレは軽くなってきていますが、日によって痺れが強かったり弱かったりしています。

Mさんもその点に少し不安を抱えているようでしたので、

「神経痛は、日によってシビレの程度に波があるけど、徐々に薄れていきます。 
施術後に必ず症状が軽くなっていて、最初に来たときよりは確実によくなっているので、神経痛の治療としては順調に行っていますよ。」
 
と伝えました。

施術する側が当たり前と思っていることも、不調者さんにはすごく不安になっていることもあるのですね。

いい気づきをいただきました。

これからはそういう声かけを大切にしていきます。

今日のMさんは、シビレが大腿部の裏側の上部にありました。

最初よりはシビレの箇所が確実に減っています。

気になる大腿部の裏側は、新しい手法を使ってみました。

使用後の感想は

「ももの裏側が涼しい」

ということで、施術後にはシビレもとれていました。

ところが、最後にベッドに座ってもらって、シビレがないことを確認して喜んでいた時に、Mさんがくしゃみをしました。

すると、Mさんが

「今くしゃみをしたらピリッときました」

と言ったので、私は

「くしゃみをした時の腹圧でピリッときたので、それは神経痛の証拠ですね。
今の施術のやり方でいいことがわかりました。よかったですね。大丈夫です。」
 
 と応えました。

神経痛のシビレが早く落ち着いて、Mさんの素敵な笑顔が続くように応援していきます。


今日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます。
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 04:19| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | シビレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック