2009年10月17日

股関節の痛み

みなさん、こんばんは。

日中はすごくいい天気で、絶好の施術日和でした。

今日も不調者さんから素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


今日は3人の新規の不調者さんが来られました。

その中の1人の82才の女性のSさんは、左の股関節を痛めていて杖をついて来られました。

股関節は寝ていても、座っても、立っても痛いということでした。

仰臥位にはなれるということでしたが、左の膝を伸ばせなかったので、膝入れ捻転をしたり、そのまま新しい手法をかけました。

だんだん可動がよくなり、筋肉の波が大きくなってきても、

「気持ちいい!」「あれっ痛くないね!」

と言っていただき、無事に膝を伸ばすことができました。

新しい手法は骨格の位置を変えないでかけることが出来るので、大きな痛みを出すことを心配しなくてよかったですし、不調者さんも安心して受けられたようです。

一通り施術してから座ってもらうと痛みはなかったのですが、立ってもらうと少し痛みがありました。

立位で骨盤を調整すると、杖をなしでも少し歩きやすくなりました。

よかったですね!!

Sさんと話をしている時に

「先生、今日はこれだけは忘れんように持って来たんよ。」

と言ってバッグの中から小さく折りたたまれたチラシを見せてくれました。

わかりにくい場所で施術させていただいているので、タクシーの運転手さんに施術所の場所を教える時にチラシを見せたのだと思います。

Sさんの手の中でチラシはギュッと握りしめられていたのでしょう。

折りたたまれたチラシは少しよじれていました。

高齢のおばあちゃんが1枚のチラシを頼りにして整体を受けに来てくれたことを思うと、感無量でした。

「先生、ここに来るかどうかすごく迷ったんよ。でも、来てよかったわ。」

とSさんに言っていただけました。

Sさんの心の中では行くか?行かないか?ですごく葛藤があったのですね。

Sさんの言葉が1つ1つ胸の奥にジ〜〜ンと響いてきました。

この出会いをSさんの笑顔につなげるように全力で顔晴るぞ、と心に誓いました。

小さく折りたたまれて、握りしめられたチラシ。

それは施術家として忘れてはならないとても大切なものを改めて気づかせてくれました。

1人1人の不調者さんの切実な想いをしっかりと受け止めて共感すること…!!

チラシに込められたSさんの想いに少しでも応えられるように一生懸命に楽しんで施術していきます。


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴って楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

小森学院長の著書キャンペーンです!!
クリックしてね!! ↓ ↓
<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner2.png" />
</a>

<a href="http://bodyschool.jp/book/kandou/">
<img src="http://bodyschool.jp/book/kandou/banner3.png" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 23:20| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック