2009年11月21日

脊椎菅狭窄症のシビレと耳鳴りと側湾症

みなさん、おはようございます。


2日間の九州での出張遠征が無事に楽しく終わりました。

みなさん、ありがとうございました。

昨日から施術を再開して、素敵な気づきをたくさんいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽症例
80才代のIさんは、14年間にわたる夫の介護の影響で側湾症となり、脊椎菅狭窄症で両足にシビレがあり、再び復活してきた耳鳴りで困っていました。

現在のところ、すべての症状がなくなりましたので、次回で卒業となります。

うれしい、楽しい、幸せです!!

最初に来られてIさんの姿勢と病名を聞いた時には、どこまで回復に導くことができるかを心配しました。

基本的な施術を行い、身体のゆがみを整えていくことによって、凄い成果がもたらされました。

身体にやさしい回復整体の施術が、身体の回復をうながすことのすばらしいさを再認識させていただきました。

それは、すべての人が持っている身体の自然治癒力の凄さを再認識することでもあり、その自然治癒力を引き出すような生活を送ることの大切さを再認識することでもありました。

Iさんに喜んでいただけるまで回復できて本当によかったです。


Iさんは症状が進行していくのがとても不安だったようです。

でも、病院でよくならなかったので、整体の施術を受けていくしか他に選択肢がない状態だったそうです。

この回復整体なら、
「痛くないので続けられるかもしれない」
と思ったそうです。


でも、整体を受けていくうちに次第に症状が変化していき、ストレッチは自分で出来るので、
「自分でなんとかすることが出来るかもしれない」
と思ったそうです。


高齢者の方でもあきらめずに、きちんと指示にしたがっていただけると、とてもすばらしく回復されています。

あきらめている不調者さんに、少しでも希望の光を見せてあげられるように、集客や施術を楽しんでいきます。


□今日のよかったこと

・3週間ぶりのHさんは、坐骨神経痛を出さないでいい状態を維持できていました。

・リウマチのKさんは、両膝の痛みがかなり薄くなって歩きやすくなっていました。

・仕事でパソコンをよく使うMさんに、腰と首のコリがやわらいで喜んでいただきました。


以上です。


今日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に笑顔で楽しみます!!
1,2,3,ダァーッ!!

林一郎校長の第二作目の著書です!!
↓クリックしてね!! 読んで感動しましょう!!
<a href="http://bodyschool.jp/book/preparedness/">
<img src="
http://bodyschool.jp/img/hayashik300.gif
" />
</a>
posted by ゆ〜さん at 06:12| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シビレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック