2010年01月06日

膝の痛み

みなさん、こんばんは。

 
みなさん、明けましておめでとうございます。

今年は自分の苦手なことや新しいことにどんどんチャレンジしてどんどん成長していきます。

夢と希望を持ち、1人1人の不調者さんを大切にして、毎日毎日を悔いなくすごしていきます。

よろしくお願いします。



4日はよく晴れていましたが、風が寒い一日でした。

不調者さんとの出会いから素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽4日の症例
 
左膝に痛みが出る80才代の男性のEさんは、去年の最後に来られました。

去年の問診では、寝ている時や寝返りをうって足を伸ばした時に左膝に痛みが出て、それ以外の時はあまり痛みが出ないということでした。

Eさんの寝方に原因があると考えたので、よく聞いたら、右側を向いて寝ているということでした。

その寝方では左の膝が内側にねじれることがあり、その姿勢が痛みの原因の1つだと判断したので、足の間に毛布かクッションを入れて、左膝が内側にねじれないようにして寝ていただくことにしました。

施術では、骨盤のゆがみが大きくて足の長さが違っていたので、体幹を整えて、膝周辺の硬さや動きの状態を確認しながら施術しました。

施術後は骨盤のズレと足の長さのズレも整い、歩きやすくなったと喜んでいただきました。


年が明けて4日にEさんが来られました。

Eさんにに膝の状態を聞くと、寝ている時の痛みはその後一切出なかったそうです。よかったですね!!

なんと、左膝の痛みは、柔道整復士の先生に6ヶ月診ていただいて、

「もううちでは治せません」

と言われた症状だったそうです。

回復整体って本当にすごいですね!! 

6ヶ月かかってもよくならなかった症状が1回でよくなっちゃいました!!

ただし、Eさんは今日も左膝が気になるということでした。

というのは、Eさんは左膝の状態がよくて、お宮参りなどでいつも以上に出かけて歩き回ったので、歩く時に左膝に痛みを感じるとのことでした。

私は喜びながらも、ちょっとショックでしたが、痛みの原因は疲労だと判断したので、比較的早くよくなると思いました。

施術では、骨盤のズレは小さくなっていて、膝周辺の堅さが気になったので、それをゆるめていきました。

施術後は、Eさんの左膝の痛みはなくなりました。

Eさんは猫背の姿勢なので、それでは膝に負担がかかることを伝えて、簡単な姿勢をよくするストレッチを教えて家でしていただくことにしました。

80才代のEさんですが、120才まで生きるという壮大な目標を持っているので、私の寿命が先につきない限りは、お手伝いさせていたたくことにしました。(笑)


□今日のよかったこと

・リウマチのKさんは、去年の最後は左腕の付根が気になっていましたが、年末は無事に過ごせました。

両手のひらの付根が気になっていましたが、施術後は楽になりました。

よかったですね!!


・姿勢が悪くて首や背中に違和感が強かったIさんは、いい感じでストレッチ体操をしてくれていたので、いい状態になっていました。よかっですね!!

座ってパソコンを扱う姿勢をしながら少しずつならし
ていくことにしました。


・神経痛のKさんは、寒いと少し臀部につっぱり感を感じますが、施術後にはよくなりました。

だんだんといい感じになってきています。よかったですね!!



以上です。

明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術します!!
1,2,3,ダァーッ!!

林一郎校長の第二作目の著書です!!
↓クリックしてね!! 読んで感動しましょう!!
<a href="http://bodyschool.jp/book/preparedness/">

古賀校長のヘルニアを手術や注射なしで回復に導く方法です。
↓クリックしてね!!みんなで回復しましょう!!
URL』

http://www.lucky-go-happy.jp/freemovie.html

posted by ゆ〜さん at 04:18| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック