2010年01月18日

右膝の痛み

みなさん、こんばんは。


16日はとてもいい天気で、昼は少し暖かさを感じる1日でした。

心なしか、みなさんの顔にも笑みが浮かんでいるように見えました。

その不調者さんをさらなる笑顔で送り返せるように顔晴りました。

不調者さんとの出会いから素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽16日の症例

1週間ぶりに来られたSさんは、右膝とふくらはぎの外側に痛みがありました。

いろいろと忙しかったようで、膝の下の二骨間にサラシを巻くように伝えていましたが、あまり出来なかったようです。

サラシを巻いていると動きにくい、ということでした。

二骨間を固定して靭帯を締めることの重要性を話したうえで、サラシがきつければ、包帯でもいいからしばらく固定して、痛みが出ないようにして過ごすことの大切さを伝えました。

Sさんに納得していただいて、前向きに取り組んでいただくことになりました。

Sさんは、サラシを外して忙しくしていたこともあって、去年の暮れよりも痛みが出る回数が多かったようです。

それでも痛みの程度は少しずつ小さくなっていました。

施術では、体幹を整えながら膝周辺をゆるめて、Sさんの右膝の軌道のクセを伝えて、その動きをしていただくと、痛みはありませんでした。

不調者さんに伝達したことも、実際に出来ているかどうかを絶えず確かめる必要があります。

もし、出来ていない場合は、その不調者さんに合った新たな対応が必要です。

不調者さんの生活背景を絶えず念頭に置いて、適切なアドバイスが出来るように顔晴ります!!



□今日のよかったこと

・猫背の姿勢矯正で来られていたFさんは、かなり姿勢は改善されてきました。

身体のだるさも改善してきて、1週間を無事に乗り切ることが出来ました。

よかったですね!!


・背中が曲って、身体が左側にねじれて座っているTさんは、歩けば、すぐにこけやすくなっていましたが、足の運びが少しずつよくなっています。

よかったですね!!



・背中が曲っているKさんは、だんだん身体を真直ぐに立てやすくなっています。

この調子で、少しずつ身体をまっすぐにする練習をしていただきます。



以上です。

今日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術します!!
1,2,3,ダァーッ!!

林一郎校長の第二作目の著書です!!
↓クリックしてね!! 読んで感動しましょう!!
<a href="http://bodyschool.jp/book/preparedness/">

古賀校長のヘルニアを手術や注射なしで回復に導く方法です。
↓クリックしてね!!みんなで回復しましょう!!
URL』

http://www.lucky-go-happy.jp/freemovie.html

posted by ゆ〜さん at 02:35| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック