2010年02月16日

慢性疲労による腰痛と四十肩

みなさん、こんばんは。


14日は晴れ時々曇りで、とても暖かい一日でした。

来られた不調者さんの服装も、つい先日までよりは上着が1枚少なくなっていました。

不調者さんとの出会いから素敵な気づきをいただきました。

ついでにチョコレートもいただきました。

メタボが少し心配です。(笑)

不調者さんの気遣いがすごくうれしかったですが、私には施術後に喜んでくれた笑顔が最高のご褒美です!!

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽14日の症例

昨日来られたKさんは、気になっていた右の腰は楽になっていました。

その代わり、左側の腰が気になっていました。

また右腕の可動範囲も広がっていましたが、もう少しゴリゴリとした音がしていました。

最初に仰向けで姿見検査をしていてあまり変化が現れていなくても、うつ伏せや仰向けになるたびに、隠れていたゆがみが出てくることがあります。

Kさんは、まさにそのいい例でした。

首は左側に45度に傾き、骨盤は左が上がり、両足は左に傾いていました。

Cの字にゆがんだ身体を整えていくと、それらは揃っていきました。

2〜3年前から身体がだるくなったのも理解できるKさんの身体の状態でした。

昨日は、簡単なストレッチもやりにくいぐらいの腰周辺の硬さがありましたが、今日は違和感なくストレッチが出来ました。よかったですね!!

少しずつ確実にいい変化が出ています。



□今日のよかったこと

・両足のシビレで来られている80才代の女性のHさんは、確実にシビレが改善されてきました。

パーキンソン病の影響と思われますが、両足がすごく硬くなって冷えていたので、風呂でバケツにシャワーのお湯を入れてする足湯をお勧めしました。

風呂で椅子に座って足をお湯で温めては、冷水で流すことを3〜5回繰り返します。

とても簡単に出来て、身体がとてもあたたまります。

冷え性の女性には生姜湯とともに勧めて好評です!!

Hさんも、早速試して効果があったので、喜んでいただきました。

よかったですね!!


・70才代の女性のTさんは、腰が丸くなっているうえに、座っていると、身体が左に傾いてしまいます。

自分で気をつけるのは難しい状態です。

椅子の背もたれによっかかると左に倒れないので、座っている時は出来るだけ後ろの椅子の背もたれによかかるようにしてもらっています。

今日はTさんが楽に仰向けになれたので、短時間で身体のゆがみを整えて、歩行の練習をしました。

もう少し暖かくなると、Tさんも身体を動かしやすくなると思います。

Tさんの娘さんからチョコレートをいただきました。

お気遣い、ありがとうございました!! (笑)


・30才代の女性のОさんは、肩から背中にかけてコッテいました。

デスクワークの影響で背中が丸くなるクセがあります。

施術後は、肩甲骨が動かしやすくなり、喜んでいただきました。

Оさんからも小さなチョコレートをいただきました。

お気遣い、ありがとうございました!! (笑)



以上です。

明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術します!!
1,2,3,ダァーッ!!
posted by ゆ〜さん at 03:15| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック