2010年02月21日

痛いのがどこかわかりません

みなさん、こんばんは。


19日はとてもいい天気でしたが、風が強くて寒い一日でした。

雪が舞っていたことを不調者さんから教えてもらいました。

不調者さんとの出会いから素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



▽19日の症例

股関節が悪くて来られていたSさんは、最近は股関節は調子がよくて、かわりに肩と腰が気になっていました。

この日は首と腰が気になっていました。

ただし、どんな時に痛みがあるのか、どこが痛いのかなどを聞いても、Sさんは「よくわからない」の一点張りでした。

体幹を整えてから、首周辺を快福枕を使って施術しましたが、

「なんとなくまだ痛い」

という状態でした。

そこで、私は

「どこが痛いのか指で指してください」

と言って、Sさんに痛い箇所を指差していただきました。

施術後は、首の痛みも軽くなり、喜んでいただきました。

よかったですね!!

きちんと問診をしても、自分の体のことが自分でよくわかっていない不調者さんは本当に困りますよね!!

身体を動かして、どこが痛いのかを探すのも、身体にはよくないのです。

せめて、どんな姿勢の時に痛みを感じたのか?、どんな痛みだったのか?、どの付近に痛みが出たのか?、をチェックしていれば、すばやく症状に対応することが出来るので、早く回復させることが出来ます。
 
身体に不調を抱えているみなさん、回復を早くするためにも、自分の身体のことはだいたいでもいいので自分で知っておいて下さいね!!




□今日のよかったこと

・臀部にピリッとする痛みがあったYさんは、時折臀部が重いだるい感じになる時がありました。

Yさんが

「座っていたら、やっぱり腰が重だるいです」

と言いました。

Yさんの話をよく聞いたら、2時間の講演を聴きに行って、ずっと座っていたそうです。

それを聞いた私は、

「2時間も座っていたら、腰やお尻が疲れてだるくなるのは当たり前です!!」

と言いました。

Yさんは、整体をしていくと、無理をしても身体に痛みが出なくなると思ってい

たようです。

それは無理ですよね。

むしろ、身体に無理をすれば、だるさや痛みが出てきて、身体の異常を教えてくれるのが正常なのです。

Yさんは、60才を超えているのに、気持ちは40才代くらいのようですね。(笑)

それ自体は微笑ましいことなのですけれど・・・。

でも、身体の状態については勘違いをしていたようですね!!

動きすぎたりした時は、ストレッチをしたり擦ったりしてあげてください。

早く疲れが取れますよ。
Yさん、症状は確実に改善されていますから、安心してくださいね!!


・左の膝に痛みを感じていた60才代の男性のKさんは、だんだん痛みはなくなり、膝裏の上部につっぱり感が残っていました。

施術後は、楽になっていて、ぶり返してはいないので、この調子でよくなっていきますよ。よかったですね!!


・キャッチボールをする際の腕を振り上げる動作が難しいTさんは、施術後にはさらに腕を上げるのがスムーズになって喜んでいただきました。

よかったですね!!


以上です。

明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術します!!
1,2,3,ダァーッ!!
posted by ゆ〜さん at 15:33| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック