2010年05月20日

頚椎の切開手術後のめまいふらつき

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


18日は、昨日の夜からの雨がそのまま続いていました。

草や木や稲の種もみが喜んでくれています。

明日からまた天気ははれてくるそうです。

今日も不調者さんとの出会いに感謝するのみです。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



▽今日の感謝

チラシを見て電話の予約なしに来られた60才代の女性のFさんは、午前中に来られたのですが、予約時間の関係で夕方に来ていただきました。

3年前の圧迫骨折の影響で、背中や腰が前傾してゆがんでいました。

右腕の付け根と親指も草取りの影響で痛みを出していました。

まずは体幹を整えていくと、姿勢がだんだんとよくなっていきました。

Fさんにも適度な揺らし方に安心してリラックスしていただきました。

右腕の状態も症状を簡単にチェックさせていただきましたが、その場で痛みがやわらぎ、親指の可動もよくなりました。

姿勢もゆがみも右腕も、調整していけばよくなりますよ!!

よかったですね!!



◇今日の感動

50才代の男性のOさんは、両手のシビレを治すために、頚椎の後ろ側を切り開いて、開いたままの状態で維持しています。

仕事の関係でパソコンを使ったり、精神的なストレスが強くて、すぐにめまいやふらつきが出てきます。

それが出てくると、立っていることができなくて、寝ることしかできなくなります。

1回目に来られた時には、めまいとふらつきがひどくて玄関でうずくまっていました。

施術後は、ぬまいとふらつきが取れて、普通に起きて、立って、歩いて帰ることが出来ました。

どこまで楽にして上げられるか少し心配しましたが、心配には及びませんでした。

回復整体の凄さは半端ではないですよ!!!

2回目の施術後はさらに状態が良くなっていました。

Oさんは、通常は1日に何回も横になって休まないと、仕事が出来ない状態でした。

しかし、翌日は、昼過ぎの1時まで普通に仕事が出来たそうです。

その翌日は、夕方の4時までめまいとふらつきが出ないで過ごせたそうです。

とてもすばらしい成果が出ています。

教えたストレッチの体操をして、自分で姿勢を正して、身体をリラックスさせて過ごしています。

それは本気で身体をよくしたい不調者さんなら、当たり前のことですが、重症のOさんがキッチリとストレッチの体操をしていることは本当にすばらしいですね!!

頚椎は切り開いたままなので、このままうまく整体とストレッチで調整していけば、本当に楽に日々を過ごすことができますね!!

Oさん、仕事や趣味など、これからもっともっと人生を楽しんでいきましょうね!!



明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に笑顔で楽しんで施術していきます!!
1、2、3、ダァーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 01:16| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック