2010年06月29日

首周辺の痛みとシビレ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


25日は新規の不調者さんが2人来られました。

2人を辛い症状から回復への道へと導くチャンスをいただきました。

うれしい、楽しい、幸せです!!

ありがとう、感謝します、ツイてます!!

いっぱいの笑顔を見られるように、一生懸命に施術に励みました。



◇今日の症例

今日は首の周辺に痛みの原因がある新規の不調者さんが2人来られました。

・70才代の女性のMさんは、両腕に痛みとシビレがありました。

両肩は若い頃から慢性的にコッテいたそうです。

Mさんの首は、前にかがんだ姿勢の影響で45度に前傾していたので、施術の際には、首が重要になってくることがすぐに判断できました。

施術は、上半身のゆがみとコリをゆるめていきました。

とくに首周辺は丁寧に調整しました。

施術後は、痛かった右腕の痛みがおさまり、上まで上がるようになりました。

両肩のコリは長年の蓄積があるので、それがゆるんでくるまでには回数をかける必要性を伝えました。

すると、Mさんは

「長いことかかって悪くなったんだから、当たり前ですよね。」

と答えました。

まったく、Mさんの言う通りです。

いろんな病院に行っても、シップと痛み止めしかもらえなかったそうです。

Mさんによると、いろんなお医者さんから「シップと痛み止めで治療していきましょう」と言われたそうです。

それでは症状の原因を考えようとしない完全な対症療法になっていますよね。

回復整体は、症状の原因が何であるかを考えながら症状を回復に導いていきます。

そうすることで、症状の回復が早くなり、症状の再発も起こりにくくなります。

Mさん、いろんな症状で大変でしたけど、よくなっていきますからね!!



・40才代の男性のSさんは、左の首から背中にかけて痛みがありました。

3年前からコリやすくなっていたそうで、今回の痛みは出てから3週間になるそうです。

仕事の姿勢の影響と猫背の影響で、背中に疲労が蓄積しやすい状態でした。

施術によって、首と肩の症状がやわらいで、よくなっていく感触を持っていただくことが出来ました。

回復を早くするために、姿勢をよくするストレッチをいくつか教えて、職場や家でししていただくことになりました。

Sさんはとても真面目で素直にストレッチに取り組んでいただけたので、早い回復が期待されます。

Sさん、早く良くなるように応援していきますね!!



▽今日の学び

今日の学びは「首」の大切さです。

首は、頭と身体をつなぐとても大切な部分ですが、とても細くてデリケートなので、トラブルが起きやすい部分でもあります。

肩がコリやすい不調者さんは、コリが慢性化していると、腕や指にシビレが出てくることがとても多いです。

またパソコンをしたり、前かがみの姿勢が多い不調者さんは、頸椎が圧迫されて、腕や指にシビレが出てくることが多いです。

ときには、首に原因があって、その影響で膝や足に症状が出る場合があります。

こうした首に原因がある場合には、首に生理湾曲を復活させてあげることがとても大切なのですが、その際に大活躍してくれる最強の武器が「快福枕」です。

通常の施術の際にも、この「快福枕」を使うことがありますが、「首」に問題がある場合には、この枕は必ず使用します。

また、その場では使えなくても、だんだんと快福枕が使えるようにしていくことで、症状はどんどん回復していきます。

私は、首自体には問題はないですが、寝る時は必ずこの「快福枕」を愛用していて、毎朝はこの「快福枕」で全身のストレッチをして、身体を調整しています。

身体が快調でいられるのは、この「快福枕」のおかげですね!!

「快福枕」を使用して驚いたのは、ひどかった鼻炎がとても弱くなったことです。

頸椎の間隔を広げて、鼻の粘膜につながる神経の圧迫をゆるめるので、粘膜の炎症が出にくくなるそうです。

本当にすごいですね!!

この施術の最強のパートナーである「快福枕」に興味がある方は、ぜひお早めにお問い合わせください。

人気殺到中なので、品切れになることがよくあります!!


以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 00:32| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック