2010年08月21日

首と腰のダブルヘルニア

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


18日と19日に東京に整体の研修に行ってきました。

とても暑かったですが、19日の夕方にはさわやかな風を感じました。

朝晩はほんの少しですが、秋の気配を感じるようになってきました。

今日も不調者さんから気づきと学びを頂きました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・首と腰にヘルニアの痛みを出していた40才代の男性のKさんは、首と腰のヘルニアで来られていました。

首と腰の両方がヘルニアになる方はなかなか多くはありません。

でも、そんな重症だったKさんも、今回は約2週間も痛みもなく過ごせました。

本当にすごいですね!! 本当によかったですね!!

施術に来た最初の時の写真と今日の写真を比べると、Kさんは自分の身体のゆがみの変化に驚いていました。

Kさんは家でとても真面目にストレッチをしてくれています。

こちらが提案した施術日をKさんは「ハイッ!」と言ってキチンと守って通ってきています。

私がそんなKさんに

「本当に素直で努力家ですね!!」

と言ったら、

「だって、整体を受けに来ているのに、整体の先生の言うことを守らないで、身体の症状がよくなるはずがないじゃないですか!!」

とKさんが言っていただきました。

それは本当に当たり前のことですね!!

私たち整体師が提案したことをKさんが本当に素直に実践してきただけなのですが、それがこんなにすばらしい結果をもたらしたのです。

回復整体は、本当にすばらい効果を出してくれます。

私たち整体師は回復整体によっていろんな症状に悩む多くの不調者さんを回復に導くために日々施術に励んでいます。

でも、このすばらしい回復整体の恩恵にあずかれるかどうかは、不調者さん次第なのです。

回復の女神の微笑みは、素直で自分の出来ることをコツコツとやる人ならば、誰にでも向けられるのですが、自分の都合ばかりを優先して身体の健康管理を後回しにする人には、回復の女神の微笑みは届きません!!

『からだ回復整体かがやき』は、回復の女神の微笑を受けて心身ともに回復に向いたい不調者さんをいつでも大歓迎しています!!



▽今日の学び

今日の学びは「回復曲線は最初はとても緩やかですが、徐々に急上昇していく」ことです。

長年にわたってコッテきた筋肉はすごく緊張して硬くなっていますから、それを施術でゆるめても、また家事や仕事などで使えばキュッと硬さが元に戻ります。

でも続けて施術をしていくと、次第に硬直した筋肉がゆるみはじめて、周辺から少しずつ和らいできます。

さらにくり返し施術していくと、筋肉の周辺のゆるみが大きくなって、次第に硬さの範囲が小さくなっていきます。

ゆるめることと、元に戻ることのシーソーゲームを繰り返しながら、丸い硬い筋肉は少しずつ周辺部分からやわらいで中心の硬い部分が少しずつ細くなっていきます。

最初は硬直した筋肉が少しずつゆるんでいくので、痛みはほんの少ししか軽くなっていかないように感じますが、それを続けていくと、次第に緩む範囲が広くなってきて、痛みがどんどん薄れて楽になっていきます。

今日の学びは、そのことを回復曲線に例えて表現したものです。

回復のグラフの曲線は、最初は横ばいのように見えても、次第に急上昇していくものなのです。

そのことを理解して、最初の短期集中治療→定期継続の治療の流れを守ってください。

どんなにすばらしい癌の特効薬でも、毎日必ず飲む薬を1週間に1回しか飲まなければ効かないのと同じです。

どんなものにも正しい接し方があります。

回復整体は、とてもすばらしい整体ですが、受け方しだいでは、諦めていた症状がどんどん改善していく場合と、よくなるはずの症状がなかなか回復に向かわない場合があります。

そのどちらになるかは、不調者さんのよくなりたい気持ちの本気度によって決まります!!

私たち整体師がまごころ込めて施術や生活習慣のアドバイスをします。

不調者さんはそれを素直に聞いてどんどん新しい生活習慣に切り替えていってください。

その先には、夢と希望が必ずあなたを待っていますよ!!


明日からも1人1人の不調者さんが
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:17| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック