2010年09月03日

回復を目指して前進あるのみ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


8月最後の31日はとても暑かったです。

暑い陽射しの中を来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・70才代の女性のMさんは、最初は首から肩周辺にかけての筋肉の硬直、右腕全体の痛みとだるさ、両指の硬直とシビレに困って来られました。

以前に来られた不調者さんと一緒に来られたときには、

「病院ではシップと痛み止めしか出してもらえないけど、痛くてどうしようもないから、どうにかしてください!!」

と言って入って来られました。

6月に来られて、同居の姑さんが亡くなってしばらくの中断の後に再開して、今日で24回目でした。

今日は施術の後半はリラックスしてスヤスヤされていました。

最初は起き上がる際にも痛みをこらえながらでしたが、今はスッと起きれてニコッと笑顔で笑えるようになりました。

次回から1週間後の予約になります。

Mさん、30年来の首や肩のコリがよくなってきてよかったですね!!

もうすぐマンスリーメンテナンスになりますよ!!


▽今日の学び

今日の学びは「前進あるのみ」です。

Mさんは、とても芯が強くて、明るくて、思慮深い不調者さんです。

整体を受けに来られるMさんの立ち居振る舞いは、ただ前を向いている感じでした。

それは次のようなイメージのようでした。

どこに行ってもよくならない症状に小さな変化が出た時、小さいですが、その状況を抜け出す突破口が見つかります。

後は、その突破口に意識を集中して突き進むだけです。

すると、大きな壁にあった小さな穴が少しずつ大きくなっていきます。

時には、なかなか穴が広がらないときもありますが、それに耐えて行動し続けると、少しずつ希望の光が見えてきます。

30年間も症状に悩んできたMさんの行動は、このようなイメージに見えました。

よほどの事情がない限り、私の提案にしたがって施術を受けに来られたMさんの気持ちの前向きな姿勢は、本当にすばらしいものでした。

そんな気持ちに触れると、私たち整体師の回復魂は身震いするくらいメラメラと燃え上がります。

不調者さんと私たち整体師の気持ちが「前進あるのみ」で符号するときには、すごいドラマが出来上がってきます。

そのドラマの主人公になりたい方は、いつでも大歓迎していますよ!!


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 22:31| 岡山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

私は慢性の首コリです・・・
色々とさんこう にさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by mental detox at 2010年09月06日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック