2010年09月17日

痛みが出る前に整体を受ける

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


13日は、朝晩の涼しさを受けて、すごしやすい1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・60才代の女性のNさんは、体調を崩して休んでいましたが、体調が整ってきたので、整体を再開されました。

右足の小指を骨折していて、ようやくギブスが外れたのですが、反対側の左の股関節や大腿部や膝周辺に痛みが出ていました。

前回と同様に、施術によって痛みは軽減していったので、Nさんも安心していただき、続けて症状を改善させていくことになりました。

よかったですね!!

もともと右足が少し短いので、歩き方にクセがあります。

歩き方にクセがある場合は、少しずつ身体にゆがみが出てきて、コリや痛みが出てきやすくなります。

そんな方は、いったん痛みが取れても、整体を定期的に続けることをお勧めしています。

症状が悪くなって整体を受けるよりは、症状を出さないうちに整体を受けるほうが、施術回数が少なくなり、
金銭的な負担も少なくていいのですよ。




▽今日の学び

今日の学びは「痛みの出やすい方は痛みが出る前に整体を受ける」ことです。

足の長さが違ったり、左右のどちらかに向いて寝るクセがあったり、左右のどちらかを使うことが多い仕事をしている方は、必ず身体にゆがみが出てきます。

そのゆがみが痛みやシビレを出してから整体を受けると、何回かの調整が必要です。

その調整によって、身体のいい状態を脳と身体に学習させて記憶させます。

でも、痛みやシビレが出る前に整体を受けると、1、2回程度の調整ですみます。

そのほうが体調のいい状態が維持できます。

施術時間を捻出する必要もなくて、自分の時間を有効に使えます。

金銭的負担も少なくていいので、お小遣いも残ります。

「かがやき」は、健康状態を維持していきたいあなたのような不調者さんを心から応援していきます!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:45| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック