2010年09月22日

症状の原因と対策を考えましょう

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


16日は、朝晩の涼しかったですが、日中は暑さを感じる1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のAさんは、右の股関節の痛みで来られていましたが、前回は右膝周辺のこわばりと痛みで来られていました。

前回の施術で右膝周辺のこわばりと痛みが緩和されました。

今回は膝周辺はいい感じで過ごせていました。よかったですね!!

しかも、最初は仰向けで膝を曲げた右足が外側に30度しか倒れなかったのに、今回は70度を超えても痛みがありませんでした。

す・ご・い・ですね〜!!

Aさんは、痛みが強くなってきて動かしにくくなった時には、この先どうなるのかすごく心配だったそうです。

Aさんは、忙しい間を時間を作って施術に来られました。

その甲斐があって本当によかっですね!!

私たち整体師が症状に合わせて提案した施術ペースを守って来ていただいたので、諦めかけていた症状もどんどん回復していきました!!




▽今日の学び

今日の学びは「整体師と不調者さんが一緒に症状の原因と対策を考える」ことの大切さです。

一般的には症状は不調者さん自身が作ったものです。

自分で身体に症状を作って、自分が痛い思いをしているのです。

ですから、症状の改善には、どのような姿勢や身体の動かし方が症状の原因になっているか、どのような
姿勢や身体の動かし方をしたら痛みが出なくなるのか、を考えて実践していく必要があります。

単純に痛い箇所をモミモミしたらそれですんでしまうわけではないのですね!!

症状についての原因と対策を考える必要があるのです。

しかし、・・・不調者さんは無意識のうちに身体を動かしたりしているので、何が症状を作っているのかがわからないことが多いのです。

そこで私たち整体師の登場です。

身体の姿勢や動かし方のクセを見つけて、それを伝えて、一緒に改善していくのです。

もし不調者さんが自己流で強すぎるストレッチをやってしまうと、無理をしすぎて逆効果になることがあります。

私たち整体師だけが一生懸命に姿勢の指導をしても、不調者さんがやる気になっていなければ、空回りしているだけになります。

あくまでも二人三脚の作業なのですね。

慢性的な症状でお悩みの方は、ぜひ私たち整体師と一緒に姿勢や身体の動かし方のクセを見つけて、改善していきましょう。

「かがやき」は、そのサポートを真心込めて応援していきます。




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:55| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック