2010年09月25日

自分の身体をよくする主人公は誰?

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


19日は、朝晩は涼しかったですが、日中は熱さを感じる1日でした。

今日も来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・30才代の女性のOさんは、もともと腰痛が主訴でしたが、最近は肩や背中が気になっていました。

Oさんは保育士さんをしていて、子供の世話をしたり、抱っこをしたりするので、肩や背中や腰に疲労が蓄積しやすい状態でした。

しかし、この2週間は腰や背中に痛みを感じることなく過ごせていました。

10月に保育園で運動会があるので、Oさんはその準備でとても忙しいようです。

「そんなに忙しいのに、痛みを感じないで過ごせるなんて、本当によかったですね!!」

と私が話しかけると、

「そういえばそうですね!!」

とOさんは少し冷静に答えてくれました。

仕事がとても忙しいので、痛みのない生活を味わうことが出来なかったみたいですね。

それでも帰り際には、安心したように素敵な笑顔を見せてくれました。

不調者さんの笑顔が見れると、疲れが吹っ飛んでいきます!!

笑顔で感謝の言葉を言ってもらえる仕事が出来て、

うれしい、楽しい、幸せです!!

ありがとう、感謝します、ツイてます!!




▽今日の学び

今日の学びは「自分の身体をよくする主人公は自分自身です」ということです。

身体を悪くしたのは、不調者さん自身です。

身体をよくするために整体に通う決断をするのも、不調者さん自身です。

日々の疲労をとるためにストレッチをするのも不調者さん自身です。

Oさんは、最初はストレッチをするタイミングがわからなくて戸惑っていましたが、最近はとても真面目にストレッチをしてくれています。

その影響で、腰痛が出にくくなってきています。

腰に負担がかかりやすい仕事をしているのに、慢性的な腰痛が出なくなるなんて、本当に凄いことですよね!!

病院では痛み止めやシップしかでなくても、保険が効いて安いからという理由で、通い続ける不調者さんはとても多いですね。

その人たちの話を聞くと、ほとんどの人が症状の根本的な回復を諦めていることが多かったです。

でも、長年の慢性的な症状でも諦めなくてもいいのです。

諦めなければ、必ず道は開けます!!

「かがやき」は、痛みを出さない生活を希望して、自助努力をする不調者さんを積極的に応援していきます!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 03:13| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック