2009年11月06日

変形性脊椎症とヘルニア

みなさん、こんばんは。

 
今日は朝から曇りがちでしたが、気温は少し温かかったです。

でも、施術部屋のドアを開けて玄関に行くと、さすがに冷えました。

寒さに負けずに通ってこられる不調者さんに笑顔になっていただくように一生懸命に施術しました。

今日も素敵な気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


▽症例

変形性脊椎症とヘルニアと診断されたMさんは、日曜日に教会で聖歌を歌う時にも神経痛が出ないで最後まで歌うことができました。

今日のきつい仕事の後も、シビレが出ませんでした。よかったですね!!

だんだんと神経を圧迫しにくい状態が安定してきたようです。

神経痛の症状をこの状態にまでもってこれれば一安心です。

Mさんのよいところは、真面目にストレッチを行い、身体も無理な動かし方をしないように気をつけている点です。

私たちの指示する当たり前のことを当たり前にすれば、必ずよい回復の方向に向かっていきます。

私たちがいくら不調者さんの動き過ぎによる症状の悪化を注意しても直さなければ、回復はすごく遅れます。


Mさんはシビレが出た時には「目の前が真っ暗になった」と言っていました。

その時のショックが、早く良くなりたいという気持ちにつながっているようです。

施術後には素敵な笑顔で「ありがとうございました」と言って帰りました。

一週間後に、Mさんの笑顔が見れるといいですね!!

これからも、本気でよくなりたいと願い、真面目に努力する不調者さんを応援

していきます!!


□今日のよかったこと

・慢性の腰痛で諦めていたYさんが紅葉を見に山に散策に行きました。

「痛みがなくて山歩きができるなんて信じられない」と喜んでもらいました。

・2人で来られたSさんとSさんの痛みが取れて喜んでいただき、次回の予約を

いただきました。

・リウマチのKさんの歩き方がだんだんよくなってきました。


以上です。


明日も1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
一生懸命に顔晴ります!!
1,2,3,ダァーッ!!
posted by ゆ〜さん at 00:51| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする