2010年09月11日

夢塾に行ってきました

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


8日は、7日の夜の雨のせいで、1日少し涼しく過ごせました。

雨も涼しい気候も本当に久しぶりでした。

今日は九州に出張研修に行ってきました。

自分自身を向上させてもっともっと成長するために行ってきました。

そのような場所を提供してくだる先生方に感謝あるのみです。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!




▽今日の学び

今日の学びは「夢を見て、夢を語り、夢を実現する」ことの大切さです。

研修の名前はズバリ「夢塾」です。

集まった先生方の夢の実現をお互いに応援する場です。

そこであらためて自分自身の夢をノートに書き出して、お互いに発表しあいました。

発表することで、紙に書いただけの言葉が少し命が吹き込まれたような感じになり、心の中に余韻として今でもその感覚が残っています。

やはり、夢は、見るだけでなく、書くだけでなく、語ることが大切なんですね!!

そこから夢の実現への一歩が始まるような気がしました。

私はノートにいろいろな夢を書きました。

もっとたくさんの不調者さんに笑顔で回復していただき、生命と人生の「輝き」を取り戻していただくことも書きました。

その他にもいろいろありましたが、一番最後に書いたのは、自分が死ぬ時に、

「みんなに喜んでもらえてよかった!!」
「ああっ、楽しかった!!」

とつぶやいて息を引き取ることでした。

それこそが私がこの仕事をしている目的です。

この整体師という仕事を通して、出会う人たちの回復と幸せ応援して、人生をもっともっと楽しくすごしていただくことが、自分自身の喜びであり、楽しみなのです。

そうした人生を歩んでいけるように、日々ワクワクしながら笑顔で楽しんで仕事をしていきます!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:30| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢の実現を応援します

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


7日は朝晩が少し涼しくなりましたが、昼はとても暑い一日でした。

本当に暑い陽射しの中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・80才代の男性のSさんは、身体が左にゆがむ姿勢と膝痛で来られました。

膝の痛みといっても、朝動く際に痛みを感じる程度で、膝の動きがなめらかになれば痛みもなくなります。

現在は中4日くらいのペースで来られていますが、そのたびに身体が左にゆがんでいるので、その調整をしている状態です。

ゆがみが小さいと膝の痛みはなく、ゆがみが大きくなってくると膝に痛みが出やすい状態です。

Sさんは、もともと急な崖から落ち大怪我をして、病院に行ったけれど、腰痛や膝通などが一向に改善しなかったので、うちの整体を受けに来られました。

「先生の言うとおりに来ますから、どうか治してください!!」

というSさんの言葉は今でも耳の奥に残っています。

今では日常生活では痛みもほとんどなく過ごせています!!

Sさん、よくなってくれてよかったですね!!

Sさんが今日来られた最大の目的は、四国の八十八箇所めぐりに行く前の身体のチェックでした。

四国では3泊4日で高知方面のお寺を回ってくるそうです。

Sさん、たくさんのおかげがいただけるといいですね。

冷たいビールが大好きなSさんは、おなかをこわしやすくなっていたので、四国に行っても腹痛を起こさないようにあずき袋を渡しました。

袋の中にあずきが入っている手製のものですが、電子レンジで約2分チンとすると、温かくなっているので、それをおなかの上に置いて寝たりします。

内臓まで温まるので、冷え性や、便秘や下痢の症状、不眠、トイレが近い、などの症状に効果的です。

おなかを壊さなければ、Sさんは十分に回って帰れると思います。

Sさんの夢は、12月に高野山に行って巡礼の最高位の先達になることです。

私はそれを応援するようにSさんに頼まれましたので、全身全霊で応援させていただくことにしました。

自分以外の人の夢の実現を応援できるなんて、仕事冥利に尽きますね!!

Sさん、もう夢を達成する日はすぐ近くまで来ていますよ!!

二人三脚で、このまままっしぐらに進んでいきましょう!!




▽今日の学び

今日の学びは「夢の実現に向かって進む」ことの大切さです。

80才代のSさんは本当にお元気です。

Sさんは毎日5000歩から10000歩も歩いています。

毎日写経をしています。

四十年間毎日日記をつけています。

今年は田植えを息子さんに譲りましたが、去年まで現役で米作りをしていました。

そのSさんが一番達成したいことが巡礼の先達の最高位になることです。

Sさんは施術中に

「原先生、私はそれが達成できたら、もうほかに何もいりません!」

と言っています。

そこまで言われたら、回復魂をもつ整体師なら何が何でも応援したくなるのが人情というものです!!

「私も施術を通して、Sさんの夢の実現を応援させていただきますよ!!」

と私はいつも答えています。

80才代になっても夢を語れるのは、本当に素敵なことですね!!

私もSさんにみならってもっと真剣に夢を見て、夢を語り、夢の実現を目指したいと思いました。

Sさん、素敵な気づきをいつもありがとう!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:13| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

身体の可動域を知って生活しましょう

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


6日は朝晩が少し涼しくなりましたが、昼はとても暑い一日でした。

本当に暑い陽射しの中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・60才代の男性のKさんは、右の五十肩で3年間も痛みが出たまま過ごしていました。

その間にいろんな病院や整骨院に行かれましたが、いっこうに痛みに変化がでてくれませんでした。

Kさんの頭の中は1日中「痛い、痛い!!」の声が響き渡っていて、身体も心も痛みにどっぷりと浸った生活をしていました。

Kさんの五十肩の痛みの原因は、農作業でした。

30数種類の作物を栽培して出荷しています。

毎日が土と作物の中で過ごしていれば、腕や肩や首が硬直して痛みを出して当然でしたね。

Kさんは痛みがあっても逆療法のつもりで農作業を続けては痛くなることをくり返していました。

3年間もですよ!!

そんなKさんに、問診で、まずは回復整体では五十肩は指示に従って通院すればキチンと回復することを伝えました。

これが絶対に重要です。本当によくなるんです!!

シップや痛み止めなどでの一時しのぎではありません。

そのほかの注意事項を説明してから、Kさんの意思を確認したら、

「本当によくなるのなら、先生の言うとおりに通ってきます!!」

とKさんに言っていただきました。

その返事を聞いてから施術を始めました。

3回目までは少しずつ筋肉がゆるんで、可動範囲が広がって、痛みも薄らいでいきましたが、Kさんは相変わらす゛「まだ痛い」をくり返していました。

4回の施術で、腕の付け根の前側の痛みが取れても、「今度は後ろが痛い」とKさんは言いました。

5回の施術で、腕の後ろ側の痛みがなくなっても、「今度はもっと腕を上げたら、やっぱり痛い」とKさんは言いました。

6回目の今日は、腕が痛みもなく上がりやすくなりました。

そして右腕の次に気になっていた足のシビレの施術を始めるかどうかの話をするようになりました。

Kさん、3年間の痛みが1週間も経たないうちに改善してきていますよ!!

本当によかったですね!!

この調子で順調になくなりますから、痛みを出さないように生活していきましょうね!!

一緒に回復に向けてまっしぐらに進んでいきましょう!!




▽今日の学び

今日の学びは「自分の可動域を知って身体を動かす」ことの大切さです。

Kさんは施術に来るたびに、「家でも時々痛かった」とくり返していました。

Kさんは、どこまでなら動かしても痛くないか、どこまで動かすと痛いのか、という可動域をまったくわかっていませんでした。

無意識のうちに右腕を痛みがなかった時のように動かしては「痛い」「痛い」をくり返していました。

こんな使い方をされれば、身体が痛みを出したりするのは当然ですよね!!

自分で痛みを出して過ごしているようでは、痛みから逃れることが出来ないのは仕方ないですよね。

まずは痛みを作っている原因を探して、それを減らす努力をしましょう。

次にどのように身体を動かせば痛みがなくて、どのように身体を動かせば痛くなるのか、をキチンと知りましょう。

そうすれば、痛みを出さずに過ごして、自分でも出来る痛みを軽くすることが出来ます。

さらに、痛みが出ない範囲でゆっくりとストレッチ体操をして、身体を柔軟でバランスよくしていきましょう。

そうすると、少しずつ可動域が広がってきて、腕を動かせる範囲が大きくなっていきます。

このように、自分の身体の可動域を知って、キチンと自分の身体と付き合ってあげることが、痛みから離れて回復に向かっていくために必要なのです。

症状がよくなっている現実を当たり前だと思い、痛みがどんどん減っているにもかかわらず、身体の中に痛みをいつも探そうとしていると、いつまでたっても「痛み」を忘れることが出来ません!!

身体から痛みが取れても、痛みを出さない身体の使い方を身につけたり、自分の意識の中で「痛み」への恐怖症を払拭しないと、本当の回復とはいえません。

でも、大丈夫ですよ!!

本当に回復するためのアドバイスをキチンとしてきますので、安心して一緒に回復に向けて歩んで行きましょう!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 22:56| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

頭痛は予防が出来る

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


4日は朝晩が少し涼しくなりましたが、昼はとても暑い一日でした。

本当に暑い陽射しの中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のKさんは、首から肩周辺の痛みと頭痛と目の疲れで来られました。

もともとは腰痛で来られたのですが、公務員でデスクワークが多いこともあって、上半身にもコリや痛みが出やすい身体の状態でした。

今回は上半身に疲労が集中した状態でした。

施術中は気持ちよさそうにしていたKさんは、施術が終わると、

「あ〜、なんだかボワッとして頭の痛いのが消えてる!!」

と言って喜んでくれました。

よかったですね!!

でも、頭痛が出るほどの状態は首や肩のコリがかなり進んでいるので、あまり体調としてよくないですよ!!

Kさん、身体に疲れをためすぎないように過ごしていきましょうね!!




▽今日の学び

今日の学びは「頭痛は予防が出来る」ということです。

肩や首がコルと、筋肉が収縮して緊張するので、頭部への血流が悪くなります。

血液は酸素や栄養素を体中の細胞に運んで渡し、細胞の出した老廃物を運んでいきます。

脳は体中の酸素の20%を使うので、頭部への血流や頭部からの血流が悪くなると、脳が明らかな酸素不足となり、脳内の老廃物がそのまま停滞するようになり、頭部の組織の機能障害が起きやすくなります。

頭痛がしたり、吐き気がしたり、視力が落ちたり、耳鳴りがしたり…

そんな血流の悪い状態を続けると、脳梗塞などの引き金にもなりかねません。

そうなると、本当に大変なことですよね。

しかし、肩や首のコリを痛みを出したりしないうちに、自然な優しい刺激でやわらげていけば、頭部への血流を絶えず確保することが出来るので、頭痛などの症状を出せずにすむことが出来るのです。

痛みを出さない身体作りをしていけば、頭痛の多くは未然に防ぐことが出来るのです。

あなた頭痛が出るまで首や肩に疲れをため続けますか?

あなたは頭痛が出る前に整体で首や肩の状態を整えますか?

あなたはどちらも選ぶことが出来ます。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

「かがやき」は後者を選んだみなさんを真心込めて応援していきます!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 03:16| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コリや痛みを感じる頃はすでに遅い

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


3日はとても暑い一日でした。

本当に暑い陽射しの中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・50才代の女性のYさんは、首から肩周辺の痛みが気になっていました。

とても仕事が急に忙しくなり、部下が30名もいるので、ストレスがたまりやすかったようです。

いつもは腰のほうが気になるのですが、今日は両肩を中心にして施術しました。

施術後は、首から肩周辺の痛みはかなり楽になり、Yさんに喜んでいただきました。

今日はYさんにとっての久しぶりの休日だったようです。

Yさん、ストレッチなどをして身体を自由何にしながら、ゆっくりとすごしてくださいね、



▽今日の学び

今日の学びは「こりや痛みを感じる時にはすでに遅い」ということです。

50才代の方は、責任の重い役職についていめことが多くなります。

パソコンと何時間もにらめっこをしたり、現場に出て作業をしたりすると、全身に疲労がたまってきます。

身体がクタクタになってから整体を受ける方が多いのが実情ですが、実はそこまで身体の疲労状態が進んでいると、短期集中の治療で回復させる必要があります。

硬く硬直した筋肉のコリ、石灰化して可動が悪くなった関節、骨に挟まれた神経などが、1回、2回の調整で完全に元に戻るはずがありませんよね。

痛みは、身体の状態が異常になったことを教えてくれるSOSのサインなのですから、そのサインが出る前に整体で身体の調整をしたほうがいいのです。

そうすれば、痛みが出ない身体の状態を維持することが出来ます。

その状態を維持してこそ、健康状態といえます。

痛みのSOSのサインが出るまで身体を酷使し続けると、だんだんに患部がの筋肉が硬直して動きが悪くなり、関節が動きにくくなってズレたり、血流が悪くなったり、神経が圧迫されやすくなっていきます。

痛くなってから整体を受けるか、痛くなる前に整体を受けるか、これで長年使う身体の状態は決定的に違ってきます。

私たちは、痛みが出た不調者さんを痛みを出さない身体の状態に回復させて、そこからさらに痛みを出さない身体の状態を維持するようにメンテナンスをお勧めしています。

痛みの出ない身体を作りたい方は、ぜひご連絡ください。

一緒に健康的に自立した生活を作っていきましょう!!




明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!


仕事にから70才代にかけての不調者さんで、首から肩にかけてひどいコリがあって、手にシビレを出している方が多いです。

この年代の方たちは、日本の高度経済成長の時代に若い頃から元気に働いてきた世代です。

最近は、若い頃の感覚で身体を動かしていても、自然に身体は老化して体力は衰えてくるので、そこにギャップが生まれて、知らないうちに疲れがたまってしまうことが多くなります。

その疲れがピークに達して痛みやシビレになっています。

まさにその痛みとシビレの原因は、働きすぎや動きすぎなのです。

その対策は、身体の都合に合わせて生活することです。

20〜30分くらい身体を動かしたら、いったん休む。

5〜10分休んだら、また動く。

それを何度かくり返したら止める。

止めたら、すぐに身体をストレッチしてジワーーーッと伸ばしておく。

こんな感じで過ごすと、身体に疲れをためすぎることはなくなります。

身体が楽になると、心に余裕が出てきて、いろんな物事を楽しむことができるようになります。

身体の都合に合わせて生活すると、いつもの日常生活では味わえないような新しい発見があるかもしれませんよ。



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:53| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

頑張りすぎは万病の元

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


1日はとても暑い一日でした。

本当に暑い陽射しの中を来られた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・60才代の女性のKさんは、首から肩周辺の痛みと、両手のシビレで来られました。

1週間前から疲れがたまっていたそうです。

裁縫の仕事が急に忙しくなったことも重なっていたようです。

施術後は両手のシビレもやわらぎ、首から肩周辺の痛みは肩がもう少し気になる程度になりました。

かなりのコリだったので、今日の施術はここまでにして、家に帰ってからの注意事項と簡単なストレッチ体操を伝えました。

Kさん、大丈夫です、よくなりますよ!!



▽今日の学び

今日の学びは「頑張りすぎは万病の元」です。

最近は60才代から70才代にかけての不調者さんで、首から肩にかけてひどいコリがあって、手にシビレを出している方が多いです。

この年代の方たちは、日本の高度経済成長の時代に若い頃から元気に働いてきた世代です。

最近は、若い頃の感覚で身体を動かしていても、自然に身体は老化して体力は衰えてくるので、そこにギャップが生まれて、知らないうちに疲れがたまってしまうことが多くなります。

その疲れがピークに達して痛みやシビレになっています。

まさにその痛みとシビレの原因は、働きすぎや動きすぎなのです。

その対策は、身体の都合に合わせて生活することです。

20〜30分くらい身体を動かしたら、いったん休む。

5〜10分休んだら、また動く。

それを何度かくり返したら止める。

止めたら、すぐに身体をストレッチしてジワーーーッと伸ばしておく。

こんな感じで過ごすと、身体に疲れをためすぎることはなくなります。

身体が楽になると、心に余裕が出てきて、いろんな物事を楽しむことができるようになります。

身体の都合に合わせて生活すると、いつもの日常生活では味わえないような新しい発見があるかもしれませんよ。



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 23:18| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

回復を目指して前進あるのみ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


8月最後の31日はとても暑かったです。

暑い陽射しの中を来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・70才代の女性のMさんは、最初は首から肩周辺にかけての筋肉の硬直、右腕全体の痛みとだるさ、両指の硬直とシビレに困って来られました。

以前に来られた不調者さんと一緒に来られたときには、

「病院ではシップと痛み止めしか出してもらえないけど、痛くてどうしようもないから、どうにかしてください!!」

と言って入って来られました。

6月に来られて、同居の姑さんが亡くなってしばらくの中断の後に再開して、今日で24回目でした。

今日は施術の後半はリラックスしてスヤスヤされていました。

最初は起き上がる際にも痛みをこらえながらでしたが、今はスッと起きれてニコッと笑顔で笑えるようになりました。

次回から1週間後の予約になります。

Mさん、30年来の首や肩のコリがよくなってきてよかったですね!!

もうすぐマンスリーメンテナンスになりますよ!!


▽今日の学び

今日の学びは「前進あるのみ」です。

Mさんは、とても芯が強くて、明るくて、思慮深い不調者さんです。

整体を受けに来られるMさんの立ち居振る舞いは、ただ前を向いている感じでした。

それは次のようなイメージのようでした。

どこに行ってもよくならない症状に小さな変化が出た時、小さいですが、その状況を抜け出す突破口が見つかります。

後は、その突破口に意識を集中して突き進むだけです。

すると、大きな壁にあった小さな穴が少しずつ大きくなっていきます。

時には、なかなか穴が広がらないときもありますが、それに耐えて行動し続けると、少しずつ希望の光が見えてきます。

30年間も症状に悩んできたMさんの行動は、このようなイメージに見えました。

よほどの事情がない限り、私の提案にしたがって施術を受けに来られたMさんの気持ちの前向きな姿勢は、本当にすばらしいものでした。

そんな気持ちに触れると、私たち整体師の回復魂は身震いするくらいメラメラと燃え上がります。

不調者さんと私たち整体師の気持ちが「前進あるのみ」で符号するときには、すごいドラマが出来上がってきます。

そのドラマの主人公になりたい方は、いつでも大歓迎していますよ!!


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 22:31| 岡山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せとは何か

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


30日も暑い一日でした。

暑い中を来ていただいた不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・92才の女性のKさんは、右の肩から指にかけての症状で来られています。

熱中症で体調を崩したのですが、体調が落ち着いてきたので整体を再開しています。

右の肩周辺はかなり硬直して痛みが強かったのですが、今は痛みもなく動かせるようになっています。

右の指は大怪我をして手術をしてギブスをはめてから指が硬直して曲げにくくなりました。

今は少しずつですが、動きやすくなっています。

Kさんは、動いても痛くないくらいになればいい、と言っています。

Kさん、少しずつですが、よくなってきていますよ!!

身体の動きが楽になるように応援していきますね!!






▽今日の学び

今日の学びは「感謝すること」の大切さです。

Kさんは施術中によくこう言います。

「先生、私は本当に幸せなんですよ!!」

そのたびに幸せについて考えさせられます。

Kさんは、白内障の手術が失敗して涙腺を傷つけられたので、いつも右目に涙を浮かべています。

それはお医者さんのミスでした。

補償は何もありませんでした。

早くから夫を亡くして、2人の子供を1人で働いて育ててきました。

今回は右の指を大怪我して、右肩周辺が硬直してきました。

これまでの人生にいろんなことがあったと思います。

それでもKさんは「私は本当に幸せなんですよ!!」と言います。

その言葉を聞きながら、幸せは、自分のまわりにころがっているものではなく、自分と他人とを比較することでもなく、自分の心の中にあるのだと思いました。

人生にいろんなことがあっても、それらを肯定的に受け止める心構えさえあれば、感謝しながら幸せな人生を送ることが出来るのですね。

これからもKさんの幸せを応援していきます!!

それが私の幸せになるんですね!!

身体の不調で困っている人の幸せを応援して、自分が幸せになれるなんて、本当にすばらしい仕事ですね!!

すばらしい仕事を通して、素敵な出会いに恵まれています。

うれしい、楽しい、幸せです!!

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 06:58| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

ヘルニアではない腰痛

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


29日も暑い一日でしたね。

暑い中を来られる不調者さんから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のKさんは、もともとは腰痛が主訴で来られていました。

慢性の腰痛だったのでマッサージを受けたら激痛が出てビックリしたそうです。

病院に行ったらヘルニアと診断されましたが、軽いのでシップと痛み止めで治しましょうといわれたそうです。

最初に来られた時には「ヘルニアは治りますか?」と聞かれました。

問診をして患部の状態や痛みの出方を確認しているうちに、ヘルニアではないことがわかり、実際に施術で回復していきました。

今回は、お盆や子供さんの世話などが重なって、疲労がたまったのが原因でした。

昨日の身体の状態は、頭と腕が右側に大きくゆがんでいましたが、施術後にはよくなりました。

ただし、背中から腰にかけてのコリが強かったので、次の日の施術をお勧めしました。

Kさんも少しでも早くよくなりたかったので、翌日に来ることになりました。

今日は、施術をしながら、疲れがどのようにしてたまるのか、普段の過ごし方の注意点、ストレッチの大切さ、などを簡単に伝えました。

連続して施術を受けて痛みがすっかりなくなったKさんは、私の話が腑に落ちたようでした。

「あ〜、そういうことだったんですね?
だから身体がゆがんだりして痛くなるんですね!!」

「身体に優しい整体だから、こんなに楽になるんですね!!」

「そんなふうにしていると、痛みの出ない身体になれるんですね!!」

施術後にはKさんにこのように言っていただけました。

Kさん、痛みの出ない身体を作って、家事や子育てや仕事を楽しみましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「素直であること」の大切さです。

どんな人も普段の姿勢や身体の動かし方を自覚していないことが多いです。

そうした姿勢や身体の動かし方が知らず知らずのうちに身体をゆがめて痛みを出しているのですが、通常はそうしたことに気づきません。

身体の不調で来られた不調者さんは、私たち整体師の診断と施術とアドバイスに「素直に」したがってみてください。

適切なペースで施術を受けて、姿勢に気をつけたり、ストレッチを実行してください。

そうすると、確実に身体が変化していきます。

それがすぐに現れる人もいれば、ゆっくりと現れることもありますが、必ずよくなる変化が出てきます。

長年にわたって身につけてきた身体のクセも、確実に変わっていくのです。

私たち整体師の声を聞くだけの「素直さ」が、よくなるためには必要です。

長年の生活習慣を変えることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、実はそんなに難しいことではありません。

何しろ、みなさんはたった1ヵ月で自動車の運転をマスターしているのですから…。

それに比べたら、施術を受けることや、ストレッチの体操を実行することなんて、ぜんぜん難しくありませんよ。

「よくなりたい」という本気の心で、素直に元気で明るく、回復街道をまっしぐらに進んでいきましょう!!



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーー!!!

posted by ゆ〜さん at 19:05| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤からくる膝痛

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


28日はとても暑い一日でした。

朝晩は確実に涼しくなってきているのですが、昼はとても暑くなりました。

暑い中を通って来られる不調者さんからたくさんの気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・80才代の男性のSさんは、骨盤のゆがみがとても強いので、右膝にシビレがでやすくなっています。

施術をして、骨盤周りを整えると、右膝の痛みはなくなります。

それでも骨盤のゆがみが強いので、寝た時や長い時間歩いているとシビレが出ることがあります。

最初からすると、痛みやシビレは少なくなり、出てくる頻度も少なくなりました。

一緒に来られる奥さんも喜んでくれています。

とても熱心なSさんは、寝た時のシビレとうまく対応するために、ストレッチを覚えよう顔晴っていらっしゃいました。

自分の症状と真正面から取り組もうとする姿勢には、本当に頭が下がります。

Sさん、出来ることから少しずつ積み上げていけばいいですよ!!

膝の痛みやシビレにサヨナラできるようにコツコツとやっていきましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「あくなき探究心」の大切さです。

どうして痛くなるのか? 
どうしたら痛くなくなるのか? 
何をどうすればいいのか?

80才代のSさんは、そうした疑問を忘れないで、身体がよくなるために必要なことにコツコツと前向きに取り組んでいます。

簡単に諦めないで、一歩ずつ前進していく姿勢は、本当にすばらしいです!!
 
私も80才まで生きれたら、通ってこられる人生の先輩たちのように、あくなき探究心を持って前向きに取り組む姿勢を忘れないでいたいと思いました。



明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術してきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 02:12| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする