2010年07月16日

整体師と不調者との二人三脚

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


10日は、マッサージの後に激痛が出て、病院でヘルニアと診断された40才代の女性が来られました。

今日も不調者さんとの出会いから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のKさんはデスクワークをしていることから慢性的に腰痛を抱えていました。

首も肩も硬いのですが、Kさんは今は腰痛が一番気になる状態です。

Kさんは、1回目の施術後からとても腰が軽くなり、喜んでいただけました。

今回もいい感じで過ごせていたようです。

気になる範囲もかなり小さくなっていました。

Kさんは仰向けの姿勢で両足が右側に向くクセが出ていました。

前回にはなかったので、仕事の作業でのクセが強く出たのかもしれませんね。

座った仕事で斜め前のパソコンを使うと、知らないうちに骨盤がズレて悪いクセになっていることが多いです。

施術で骨盤を中心に整えていくと、施術後にはKさんの腰は軽くなって、喜んでいただきました。

少しずつKさんの表情も和らいできています。

Kさんの家庭でも少しずついい笑顔が出てきているはずなので、家族も安心してくれていると思います。

症状が落ち着くまでの不調者さんは、心の中にいつ痛みがぶり返すかもしれないという不安を抱えていることが多いです。

でも、痛みが減っていくにつれて、気持に安心感と余裕が出てくるので、不調者さんの表情にも少しずつ笑顔が出てくるようになります。

Kさん家族のたくさんの笑顔を想像していると、本当に幸せな気持になります!!

ご縁があって一生懸命にさせていただいた仕事を感謝していただけるのは、本当にありがたいことですね!!

Kさんのよいところは、とても素直に整体を受ける際の注意点を守っていて、わからないことは素直に聞いて、教えたストレッチ体操を真面目にこなしてくれることです。

Kさんのような不調者さんは、本当に回復が早いです!!



▽今日の学び

今日の学びは「症状は整体師と不調者さんの二人三脚で回復する」ことです。

私たち整体師は、不調者さんの症状や身体の状態を診て、ゆがみを整えながら症状を回復に導いていくのですが、その際に、不調者さんは症状の回復を整体師にすべてお任せすればいいのかといえば、そうではありません。

不調者さんの身体の状態を健康的な状態へ変えていくためには、整体師の施術とともに、不調者さんの行動がぜひとも必要不可欠なのです。

例えば、理髪店では、椅子に座って寝ている間に新しいヘアースタイルになっていることがあります。

家に帰って過ごしているうちに、髪の毛が伸びてきたということはありませんよね!!

しかし、整体における症状の場合は、理髪店における髪の毛のようにはいきません。

整体師が施術をして不調者さんの身体のゆがみを整えた後に、不調者さんが家に帰ってからストレッチ体操をしたり悪い姿勢を直したりしていけば、ゆがみの整った状態は維持されて、症状は早期に確実に回復してきます。

しかし、整体を受けた後に不調者さんが家に帰ってから、いい姿勢を維持するためのストレッチ体操をしなかったり、姿勢のゆがみを気をつけなければ、身体のゆがみはすぐに戻り、症状はすぐに再発してしまいます。

だから、整体に通うのが面倒くさくて、ストレッチ体操をする気がなくて、自分の姿勢に気をつけない不調者さんは、とても残念なのですが、ご縁がなかったということで、施術を遠慮させていただいています。

回復整体では、施術時間以外の23時間以上は、不調者さんは自分の姿勢や身体の動かし方に責任を持って過ごさなければならないのですから、ストレッチ体操や姿勢の改善を自己責任でするのは当然であると考えています。

不調者さんの身体の主人公は、不調者さん自分自身です。

痛みが出ているのは不調者さんの身体であり、それを回復させる主人公も不調者さん自身です。

私たち整体師は、症状を作って悩んでいる不調者さんを健康的に自立できるように指導し応援する立場にあります。

回復整体は、本気でよくなりたいと願って行動できる不調者さんを積極的に応援します!!

あなたは本気でよくなりたいと思い、ストレッチ体操をしたり、姿勢や身体の動かし方の改善に前向きに取り組めますか?

もちろん、ですよね!!!

その覚悟があるだけで、もうすでに半分以上は回復したのも同然ですよ!!



以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 02:47| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷えは万病の元

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


9日は、しばらく股関節の調子がよかった不調者さんが股関節に違和感を抱えて来られました。

今日も不調者さんから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のSさんは、股関節に違和感を抱えて来られました。

いろいろと話を聞いているうちに、仕事をしている部屋に冷房を入れるようになったことが影響しているかもしれない、ということになりました。

冷房でよく冷えた部屋に何時間もいると、身体が芯から冷えてきます。

そうすると、筋肉がこわばってきて、関節がかたまってきます。

筋肉が少なくて、身体が冷えやすい女性には、とてもキツイ仕事環境ですね!!

Sさんには、椅子に座りながらできる股関節の簡単なストレッチを教えて仕事中にしてもらうことにしました。

また膝掛けを股関節の周辺に置いて出来るだけ冷やさないように伝えました。

施術後は、いつものように股関節の違和感はすっかりなくなってくれたので、安心しました。

Sさん、この夏は冷房対策をして過ごしていきましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「冷えは万病の元」です。

生きている身体は、冷えて硬い時は状態が悪くて、温かくて柔らかい時には状態がいいです。

回復整体は、入浴をして身体を温めてもらうように指導しています。

しっかりと入浴して身体を温めることで、筋肉が弛緩し、血流がよくなり、疲労が回復しやすくなると、自然治癒力が上昇してくれます。

入浴をしないで、シャワーを使う不調者さんは、身体が温まらないで自然治癒力が上昇しにくいので、回復がとても遅れてしまいます。

夏の暑いこの時期は、冷たいものを飲んだり食べたりすることが多いので胃腸はとても冷えやすいです。

エアコンの冷房の影響で、身体の皮膚は全体的に冷えやすくなります。

身体が内からと外からの両方から冷えやすい状態になります。

そうすると、筋肉は硬直しやすく、骨格もゆがみやすくなり、血流は悪くなるので、自然治癒力が低下していき、身体から疲労が抜けにくくなります。

まさに「冷えは万病の元」なのですね!!

もちろん、炎症を起こした患部は冷やしたほうがいいことが多いですし、熱中症を起こさないためには適度に水分を補給して身体を冷やしたほうがいいです。

でも、いったん状態が落ち着いたら、自然治癒力が働きやすい温かくて柔らかい身体の状態に近づけていったほうが、その後の回復が早くなります。

みなさん、この夏は熱中症に気をつけながらも、身体の冷やしすぎにも注意して過ごしてくださいね!!


以上です。


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 00:34| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

痛みを出さないうちにメンテナンスを

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


8日は、3週間ぶりに股関節から下が硬直しやすい70才代の女性のAさんが来られました。

今日も不調者さんから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・施術部屋に入ってきたAさんは、両足を伸ばしてつっぱった感じで歩いていました。

これはかなり疲労がたまってきているなぁと思いました。

Aさんによると、地域の清掃や草取りの行事などがあって、とても忙しく過ごしていたようです。

その影響で両足がこわばりやすくなっていました。

施術後は、足がかなり軽くなり動かしやすくなりましたが、股関節に少し硬さが残っていました。

明後日に、続けて施術で調整することになりました。

今日のAさんの状態は、今年の冬に来た時よりは、まだ全然いい感じでした。

Aさんの身体は昔から硬くて、最近はとくに硬さが強くなりやすくなってきていました。

筋肉の硬い体質と疲労の蓄積と老化現象が重なっているので、しばらくすると、かなり両足が硬直しやすくなっています。

早めのメンテナンスで身体を楽にして、人生を楽しく過ごしていきましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「メンテナンスは痛みが出ないうちにするのがベスト」です。

回復整体では、短期集中の治療で痛みが出ている身体を回復させていき、痛みを早急に落ち着かせていきます。

いったん痛みが落ち着いてくると、それを維持するために定期継続の治療を行っていき、痛みの出ない身体に整えていきます。

そして、痛みが出ない身体になると、それを維持するためにメンテナンスをしていきます。

メンテナンスの目的は、痛みの出ない身体を維持することです。

メンテナンスでは、痛みが本格的に出ていない状態で身体のゆがみを整えていくので、身体はリラックスしやすく、骨盤や全体のゆがみも整いやすく、とても身体が軽くなるので、みなさんに喜ばれています。

現在は1週間から3週間くらいの間隔の不調者さんがとても多いです。

メンテナンスをしているのに、もし痛みを出してしまったら、日にちを詰めた短期集中の治療で速やかに回復させていく必要があります。

それで痛みが落ち着けば、少しずつ間隔を広げて、またメンテナンスに戻していきます。

回復整体は、症状を早急に回復させたり、回復した身体の状態を維持するための施術がシステムとしてしっかりと整っているので、いろんな不調者さんの症状に柔軟に対応することが出来ます。

不調者さんの回復をただひたすら真剣に願って行われる整体師の指導やアドバイスを、きちんと素直に守って実行できる不調者さんであれば、必ず回復街道をまっしぐらに歩むことが出来ます!!

身体の不調で悩んでいるあなたも、私たち整体師と一緒に回復街道を二人三脚で歩んでいきましょう!!

メンテナンス中で痛みが出てしまったあなたは、すぐに連絡してくださいね。

あなたの早期回復を全力で応援していきます!!



以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 23:35| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

その時がグットタイミング

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


7日は急用で休んでいた不調者さんが来られました。

今日も不調者さんから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・今日久しぶりに来られたのは、首・肩・腕に慢性的な痛みとシビレを持つ70才代の女性のMさんです。

1週間継続してから右腕のうずきと可動がほぼ改善しましたが、介護をして
いる家族の容体急変でキャンセルになりました。

キャンセルから1週間後に電話をしたら、またコリや痛みやシビレがぶり返し
きたので、連絡しようかどうしようか迷っていたそうです。

チャ〜ンスです!!

現在のところ、介護をしている家族の方の容態は一応安定しているそうなので、

「もし時間が空けば、何日か続けてもいいし、週1回でもいいから、身体の調整
をしていたほうがいいですよ」と伝えました。

そうすると、早速当日の午後の予約をいただきました。

「回数はかかっても、よくなるのに越したことはないわ」

とMさんに言っていただけました。

この不調者さんには1週間の時間がいい方向に作用したような感じで、グット
タイミングでした。

施術では、右腕と首を中心にして身体のゆがみを整えていきました。

Mさんは

「あ〜、右腕のうずきが1週間前のように早くなくなってほしいわぁ〜」

「先生に首を調整してもらうと、本当にきもちいいわ〜」

と言っていただきました。

しばらく続けて施術に来られることになりました。

かったですね!!



▽今日の学び

今日の学びは「その時がグットタイミング」です。

日常生活はいろんな雑務が重なって出来ています。

身体に痛みが出てきても、いろんな雑務が忙しいと、なかなか整体に来て回復させられないことが多いです。

でも、「整体に行きたい!!」と思ったその時が治し時なのです。

その時を逃してしまうと、整体に来て回復させる機会がなかなか作れませんよ。

次の機会が来た時には、ものすごく悪化して、回復にすごく回数がかかってしまうことがあります!!

何かがひらめいたその時がグットタイミングと思いましょう!!

そして勇気を持って行動しましょう!!

私たち整体師は、持てる最大の笑顔と元気であなたの笑顔と回復を応援していきます!!!



以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 00:39| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

ストレッチ体操の大切さ

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


6日は、仕事で忙しくしていた不調者さんが仕事の疲れがたまって来られました。

今日も不調者さんから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



▽今日の症例

・40才代の男性のTさんは、車を洗浄する姿勢が長く続いた影響で、ふくらはぎや股関節に違和感を感じていました。

とても仕事が忙しくて、なかなか整体を受ける時間が作れなかったそうです。

疲労も蓄積して、猫背の姿勢がきつくなって頭痛を強く感じるようになっていました。

施術で股関節の周辺をゆるめていくと、硬い筋肉のコリがありました。

あぐらをかく姿勢の時に股関節に違和感を感じていて、施術後にはかなり違和感がなくなれましたが、念のために翌日も整体で整えることになりました。

早めに対応する提案に納得していただけたので、早く良くすることが出来ます。

Tさん、もう少し忙しい日が続くようなので、早めによくしておきましょうね!!



▽今日の学び

今日の学びは「ストレッチ体操の大切さ」です。

ストレッチ体操は、自分で身体のゆがみを整えたり、コッてきた筋肉を和らげたりするものです。

回復整体の中でとても重要なものが整体、ストレッチ体操、生活習慣の改善、の三本柱なのですが、ストレッチ体操はそれらの中の1つです。

それを生活の中に取り入れてするだけで、身体のいい状態を維持して、より柔軟にすることが出来ます。

Tさんは猫背の姿勢のクセがあり、そこから首や頭に違和感が出やすいのですが、仕事中や家出できる簡単なストレッチ体操をしていただいています。

その効果があって、しばらくご無沙汰だったTさんの姿勢は、元に戻らずにすんでいました。

よかったですね!!

でも、施術後には、さらに姿勢がすごく変わりました。

それをデジカメで写して、Tさんにも見ていただきました。

本当にすごく姿勢が良くなっていました。

Tさん、この姿勢を出来るだけ維持するためにもストレッチ体操を楽しんで続けてしてくださいね!!


以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 02:39| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛みが出る前にメンテナンス

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


5日はメンテナンスの不調者さんが疲れをためて来られました。

不調者さんとの出会いから気づきと学びをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・50才代の女性のAさんは、約1ヵ月ぶりに来られました。

もともと子供の頃から股関節が悪くて、足の長さが違うので、歩く時に左右にゆれるクセがあります。

寝る時には左を向いて寝るクセがあり、仰向けの姿勢で両足が左側にバナナのようにゆがんでいます。

そうしたゆがみがだんだん強くなってくると、股関節や腰や肩にコリが出てきます。

現在は、痛みを出さない身体の状態を出来るだけ維持するために定期継続のメンテナンスの施術に移行しています。

今日のAさんは、バナナの曲がりが強くて、両股関節に違和感を感じていました。

自分でも股関節周辺に何か変な感じがわかったそうです。

特別に何かの作業をしたというほどではなかったそうですが、Aさんにしては両股関節にともに違和感を感じるのは珍しいことでした。

施術でかなりゆがみが整いましたが、股関節にはもう少し違和感が残っていたので、明後日に継続して施術することになりました。

「あ〜、だいぶん軽くなりました!!」

とAさんに言っていただきました。

違和感がおさまったら、3週間の間隔でメンテナンスを試してみようと思っています。

Aさん、早めによくしておきましょうね!!


▽今日の学び

今日の学びは「メンテナンスは痛みを出す前に行う」ことです。

いったん痛みが出ると、それが治まるまでには数回の施術で身体の状態を整えていく必要があります。

メンテナンスは、身体に疲労がたまってくる前や、疲労がたまってきて、少しだるさを感じ始める頃に受けるのがちょうどいい時期です。

そのような段階で整体を受けていくと、症状が出る前に身体の疲労回復を促進して、身体のいい状態=健康的な状態を維持することが出来ます。

今回のAさんは、身体に少し疲労がたまりすぎていました。

そんな時には、施術日がまだ来ていなくても、早めに連絡してください。

そうすれば、症状を出さない身体の状態=健康的な状態で過ごすことができますよ。

メンテナンスで健康的な状態を維持しながら過ごしたい不調者さんは、いつでもご相談ください。



以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 02:02| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

痛みは生身の身体から出ている

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


4日は新規の不調者さんが来られたり、6ヵ月ぶりに不調者さんが来られたりしました。

今日も不調者さんとの出会いから気づきと学びをいただきました。

日々前進、日々成長の毎日です!!

ありがとう、感謝します、ツイてます!!



◇今日の症例

・40才代の女性のKさんは、腰をマッサージしてもらってから激痛が出て、病院に行ってヘルニアと診断されました。

でも病院ではシップと痛み止めしか出されなくて、とても不安で電話をかけてこられました。

Kさんの仕事は座位が多いそうで、背中がすご〜く丸くなっていて、見るからに、前傾姿勢が腰痛の原因とわかりました。

痛みの箇所が、ヘルニアの痛みやシビレが出る箇所ではなくて、座位でよく出る腰痛の箇所でした。

それだけで、Kさんの腰痛は通常の施術で十分に対応できると判断できました。

そこで、Kさんには、病院のヘルニアの診断はレントゲンやMRIの画像で診断するだけであることが多いので、ヘルニアの傾向はあるにしても、今回の痛みの原因はヘルニアではない可能性が高いことを伝えて施術に入りました。

Kさんは、身体のゆがみがとても強くて、骨盤が大きくゆがんでいました。

施術では、全体的に身体のゆがみを整えて調整していきました。

施術後には、座位や立位での正しい姿勢の指導と簡単なストレッチを教えてしていただきました。

そうすると、丸かった背中がすごくいい姿勢に激変していました。

Kさんにも「わぁ〜、すごく気持ちいい〜」と喜んでいただきました。

もちろん、腰痛はどこかに消えてしまいました。

あまりの姿勢や症状の変化に私もビックリしました。

Kさんには、今は身体のゆがみが一時的に整っていて、腰痛が一時的におさまっているから、この状態を維持して安定させていくことがこれから大切であることを伝えて、そのために短期集中の施術を勧めました。

家事や子育てや仕事がとても忙しいのですが、Kさんにも納得していただいて、出来るだけ続けて通ってきていただくことになりました。

Kさん、大丈夫ですよ、安心して通ってきてください、必ずよくなりますからね!!



▽今日の学び

今日の学びは「身体の症状は具体的な姿勢や動きの中にある」ということです。

病院の検査はレントゲンやMRIの画像診断に依存する傾向が多いようです。

不調者さんから聞いた話では、整形外科のお医者さんは、患者さんの患部には直接さわらないことが多いそうです。

触ったり動かしたりして患部の状態を診てみなければ、筋肉痛なのか神経痛なのかも区別が出来ないと思います。

身体の動きや痛みとの関連を考えなければ、筋肉痛なのか関節痛なのか神経痛なのかはわかりにくいし、どうして痛みが出るのかの原因を探すことも出来ません。

病院の検査はとても重要で大切な参考材料なのですが、実際に身体に出ている痛みは、病院の画像診断とは関係がないこともあるのです。

私たち整体師には、症状の原因が何かを探す診断力が必要であり、その原因を取り除くための手法を選択して実施して症状を回復させていく施術力が必要になります。

痛みを出さないような姿勢を実践したいただくように指導することも絶対に必要になります。

私たち整体師は、不調者さんの身体のゆがみや動かし方のクセを見て、不調者さんと一緒に痛みの原因を考えて、痛みからの回復を目指していきます。

それはまさに二人三脚の歩みです。

整体師が回復を急いで先に行ってリードし過ぎると、不調者さんの身体はゆっくりと回復していくので、そこにすれ違いが起こります。

不調者さんが先を急ぎすぎると、ゆっくりと回復していく身体の治癒のペースを追い越してしまうので、整体師はアドバイスをして、不調者さんに動きをセーブしてもらうこともあります。

身体の治癒のペースを見極めて、整体師と不調者さんが二人三脚で歩んでいくと、しっかりとした足取りで回復街道を真っ直ぐに歩んでいくことが出来ます。

痛みなどの症状は、生身の不調者さんの身体から出てきているのですから、まずは身体の姿勢や動きに注目する必要があります。

そのクセを伝えて、不調者さんに正しい姿勢や動かし方をマスターしていただけるようになると、症状は根本的に回復に向かっていくのです。

いろんな症状で悩んでいるあなた、1人で悩まないで、回復街道を二人三脚で力を合わせて歩んでいきましょう!!


以上です。


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 03:14| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十肩の痛み

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


3日は新しい不調者さんが来られました。

とても大変な症状ですが、自分の辛さを言うだけでなく、私の話を一生懸命に聞いてくれました。

その真剣な態度に、私の回復魂もメラメラと燃え上がりました。

回復を目指して応援していくぞ!!

うれしい、楽しい、幸せです!!



◇今日の症例

・60才代の男性のNさんは、右腕が動かないで、首周辺も右に傾いて固まっていました。

右腕は寝ている時もうずいています。それが2週間続いています。

五十肩の症状ですが、腕だけでなく肩や首や背中まで固まっていました。

施術前は、快福枕に寝てみると、身体が大きくゆがんでいました。

首は右にか向いて、骨盤もゆがんでいました。

施術で整えていくと、身体の緊張がかなり薄らいで、ゆったりとベッドに寝ている状態になりました。

施術後は、腕や首の痛みは軽減しましたが、施術間隔をつめて通うことを伝えると、Nさんと奥さんに納得
していただいて、まとめて通っていただくことになりました。

五十肩は、整形外科では「1年から3年たてばよくなるかもしれない」と伝えられるそうです。

回復整体では、すべての症状と同じように、五十肩は最初の短期集中の治療を受けると、とても早く回復します。

Nさん、大丈夫ですよ、早くよくなりますからね!!

まずはうずきがなくなりますから、確実によくしていきましょう!!



▽今日の学び

今日の学びは「施術の基本は短期集中の施術」です。

回復整体は、施術を受ける基本は毎日です。

とても優しい施術なので、1日に3回は受けることが出来ます。

症状は施術を受けてから入浴と睡眠とストレッチをくり返すことで早く回復するので、毎日施術を受けると、症状はすごく速いスピードで回復していきます。

それだからこそ、回復整体は、慢性的な肩こり、慢性的な神経痛、腰痛ヘルニアなどを確実に回復させることが出来るのです。

不調者さんの中には、長年の慢性化した症状を1、2回で劇的に回復させてほしいと訴える方がいらっしゃいますが、そんなことは現代の進んだ医療状況からしても不可能なことが多いです。

ゆがみやコリは元に戻りやすいので、痛みが出てしまっている症状は、基本的に4〜5回の施術で身体の状態を整える必要があります。

ゆがみやコリはそれほど治りにくいものなのです。

短期集中の施術を受けると、次のような利点があります。

・症状が早く確実に回復する

・ゆがみやコリが元に戻りにくい

・ゆがみやコリが早くゆるんでくれる

・身体のよくなる経過に早急に対応することができる

・脳が早く身体の正しいバランスを学習して記憶してくれる

・完全回復までの金銭的な負担を減らすことができる


まずは余計なことを出来るだけ考えないで、整体師のアドバイスに素直にしたがって実行してください。

私たち整体師は、あなたの症状の早期回復を積極的に応援していきます!!


以上です。


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 01:38| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

疲労をためすぎない

みなさん、こんにちは。
回復アーティストの原です。


1日は、80才代の不調者さんが3人来られました。

その不調者のみなさんは、健康への意識が高くて、自分の体調を崩さないように気をつけて生活されています。

私も整体で健康的な生活を応援できているので、とてもうれしいです。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


◇今日の症例

・70才代の女性のMさんは、首、肩、腕、背中の筋肉が硬直していて、首の神経を圧迫しているので、両腕がシビレています。

かなりの重症ですが、どこの病院に行っても「痛み止めとシップで治しましょう」と言われててきたそうです。

Mさんは極端な猫背なのですが、それがすべての症状の根本原因だと考えられます。

そこで、その姿勢をよくするようにストレッチ体操を教えるのですが、なかなか実行していません。

それでも確実に症状はよくなり、1回目で右腕が上まで上がるようになり、今は寝ている時にうずいていた両腕の付け根のうずきが取れました。

そんなにいい状態になっているのに、本人の被害者意識はなかなか取れません。

「昨日や今日は身体にどんないい変化がありましたか?」と私が聞いても、Mさんは「やっぱりまだ痛い」としか答えません。

しかし、私が症状の変化を丁寧に聞くと、次々によくなった変化を話し始めます。

Mさんは、まだ自分では安心していい変化を探せない精神状態のようです。

何しろ悪かった時期が20年以上なのですから、相当な筋金入りです。

でも、そうだからこそ、症状がよくなっていることを素直に喜べるはずだと思います。

Mさん、もう少し時間をかければ、必ず良くなりますよ。

その頃までにマイナス思考をプラス思考に直していきましょうね!!



・30才代の女性のYさんは、両足の長さの違いから両股関節にかなりの硬直が出ています。

歩く際に身体が左右に揺れるので、その疲労が股関節にすぐたまってだるくなり、硬直してきます。

施術をすると、股関節の柔軟性が出て、動きが楽になります。

股関節は、膝曲げ検査では70度くらいまでの可動範囲です。

そのまま膝を外に倒せるのは20度くらいです。

子供の頃からの足の長さの違いが原因なので、靴底の調整などで少しでも股関節周辺の筋肉の負担を軽減していくしかありません。

Yさんの現在の日常生活での対応策としては、

○靴底の調整や歩き方の修正で歩行時の横揺れを出来るだけすくなくすること

○股関節に疲労をためすぎないように早めに座ったりして休めること

○硬直してくる股関節周辺の筋肉をストレッチで早めにやわらげること

などです。

最近はストレッチをすると股関節が軽くて動かしやすくなったり、可動範囲が少しずつ増えてきています。

Yさんはまだ若いので、現時点での対応策に早く慣れていただいて、現状維持の状態から少しでも回復曲線を描ける方向に持っていきましょうと伝えています。

Yさん、出来ることから少しずつ進んでいきましょうね!!


▽今日の学び

今日の学びは「疲労をためすぎない」ことです。

人間が生きて生活しているということは、身体を動かしていることです。

身体を動かすと、筋肉は収縮して働いてくれます。

動けば動くほど、どんどん収縮して硬くなります。

かなり硬くなると、だるさや重さや痛さを感じるようになり、筋肉が硬直しやすくなります。

その硬直がほどけなくなったのがコリです。

当然のことですが、いったん筋肉にコリが出来ると、簡単には柔らかくなりません。

当然ですが、整体で何回かの調整が必要です。

1、2回の調整でなんとかしようとするのが無理なのです。

整体で調整中に仕事や運動などで疲労をためると、ゆるみかけたコリは再び硬直します。

筋肉は柔らかい状態を維持していると、その状態で安定しやすくなります。

「疲労をためすぎない」ようにしていると、身体は自然治癒力が働きやすいので、いい状態で安定してくれます。

その逆に筋肉は硬直した状態を続けていると、すぐに硬直した状態に戻りやすくなります。

現状を維持しようとする性質があるので、やわらかい状態を続けるとその状態が安定しやすくなり、硬直した状態を続けるとその状態が安定しやすくなります。

「疲労をためすぎてしまう」と、自然治癒力が働きにくい硬直した状態になるので、やわらかい状態に戻る元気もなくしてしまいます。

そうすると、筋肉はコリやこわばりがどんどん強くなり、関節は硬くて動かしにくくなり、血行は悪くなります。

まさに疲労のためすぎは、万病の元なのですね!!

疲労をためやすい不調者さんは、「疲労をためすぎない」ようにするためにも、整体を定期的に受けて身体のいい状態を維持するマンスリーメンテナンスをお勧めします!!


以上です。

明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダアーーーーーーッ!!!
posted by ゆ〜さん at 16:02| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北九州での出張研修

みなさん、こんばんは。
回復アーティストの原です。


30日は北九州での出張研修でした。

コミュニケーションでの大切なことを学んだり、いろんな手法の基本を徹底して練習しました。

とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今までよりも自分を成長させていけるチャンスをいただきました。

ありがとう、感謝します、ツイてます!!


明日からも1人1人の不調者さんに
笑顔で光って輝いていただくために
笑顔で楽しんで施術していきます!!!
1、2、3、ダァーーーーーーーッ!!!

posted by ゆ〜さん at 04:09| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする